モックアップを作る前にCacooでラフスケッチしようっと

世の中便利なサービスがドンドン登場するから、オッサンはついていくのが大変。

サイトデザイン、アプリ開発の上流行程では、モックアップを作る前段のラフな画面の構造を「お絵描き」することが多い。手描きで済ますこともあるけど、PCで作業する場合もそれなりにあって、私はExcelとかVisioを使っていた。

最近は、Cacooという便利なサービスを知ったので、Cacooを愛用している。

Sc1

スポンサードリンク

Cacooのここが良い

Cacooは画面だけでなく、UML、ワークフロー、マインドマップなんかも描けちゃう優れもの。

  • ブラウザで作業が完結する
  • 使いたい部品があらかじめ用意されている
  • 整列機能が便利
  • 日本語も普通に使える
  • 共同作業が可能
  • とりあえず無料プランで堪能できる

操作感覚もデスクトップアプリケーションと大差ない。

Cacooを使ってみよう

とりあえずはアカウントを登録する。まずは無料なのでご安心を。

「図の一覧」というタブを開くと、作成中の図が一覧表示される。まだ何もないので、右上の「新しい図を作成」を押す。

Sc3

すると、別ウィンドウにエディタが開く。

Cacooには「ステンシル」と呼ばれる部品のセットがあるので、基本はこのステンシルの中から部品をドラッグ&ドロップして作図する。

ステンシルはデフォルトで色々用意されている。私は「ワイヤーフレーム」もしくは「手書きワイヤーフレーム」がお気に入り。iPhone、iPad、Androidなんかのステンシルもある。

あえてラフな部品を選ぶのは、画面項目、機能について注力したいから。最初からキレイなデザインを考えようとすると、大抵破綻する。

モックアップを構想するのは手書きでもいいんだけど、あーでもない、こーでもないとやるなら、やっぱりPCで描いたほうが便利で、仕上がりがきれいなんだよな。

Sc4

テンプレートから作ると楽チン

ゼロから描くのではなく、テンプレートから作ることもできる。下のスクリーンショットはiPhoneのテンプレートから作成したもの。

Sc5

機能制限を解除したいなら有料プラン

とまあ、個人でラフスケッチするだけなら無料プランで十分なんだけど、エクスポートの回数やシート枚数に制限があったりするので、状況によっては有料プランに移行すべきかも。

できれば、Plusにしたいところだが…上司に打診してみるか。

Sc6

まとめ

Cacooはブラウザで簡単にお絵描きできるウェブサービス。デザイナーさんだけでなく、IT関連のクリエイターなら活用できる場面が多いんじゃないかな。

アプリケーションとしてのクオリティはかなり高いので、とりあえず触ってみても損はないよ。無料だし。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする