Drafts for iPadを使いこなすのだ

Drafts for iPhoneに続き、Drafts for iPadを購入してみた。DraftsはiPadでもやっぱりDraftsだね。

Notebook

Photo by Dvortygirl



スポンサードリンク

Drafts for iPad

Drafts for iPad 1.5.5(¥350)(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
AppStoreで詳細を見る

Draftsはシンプルなメモアプリ。私が初めてDraftsを使ったのはiPhoneだったんだけど、iPad版があるとは知らなかった。うーん、ユニバーサルアプリじゃないのか。ぶつぶつ。

けど、Draftsは優良なアプリなので、入力デバイスとして使うiPad miniでもぜひ使ってみたい!という理由でポチッと。ええ、ポチッとしましたよ。

便利なキーボードヘルパー

Draftsには便利なキーボードヘルパーがある。ソフトウェアキーボードを使っていると恩恵を受けられるはずだ。ご存知のとおり、iOSでカーソルを移動させるには、長押しして虫眼鏡を表示して、スライドさせるという標準機能があるけれど、場面によっては使いにくい。画面の端っこのほうにカーソルを移動したいときは歯がゆいんだよね。個人的にはフリックでカーソル移動も好きなんだけど、ボタンもアリっちゃアリかな。

キーボードヘルパーが便利

様々なサービスと連携

Draftsの最大の特徴は、書いたメモをメールやクリップボードだけでなく、様々なクラウドサービスに連携できるという点だ。その数なんと50以上!ひえ〜、そんなに使いこなせないってば。w

ほら、こんなに。

多種多様なサービスと連携

けど、私が設定したのは、

  • Evernote
  • Dropbox
  • Tweetbot
  • Poster

の4つのみ。今のところ事足りているんだけど、何をするにもDraftsを使うようにすればいいのかな?メール、リマインダー、カレンダー、etc...。うーん、ちょっと苦しい。例えばメールであれば、受信したメールの内容を含めて返信したいときがあるだろうし、予定を入れるならまずカレンダー見るしなぁ。私が使っているブログエディタのPosterが連携できるようになっていたので、一応設定しているけど、これもあまり出番はないかな?直接Posterで書けば済むし。

ただ、あれだ。短文を投稿するには向いているので、Evernote、Dropbox、Tweetbotへの投稿は使えると思う。例えば、私が大好きなTextforceは間違いなくDropboxの神アプリなんだけど、アプリ起動直後にメモできる状態にはなっていない。ささっとメモしたい状況にはDraftsが向いているわけだ。

for iPhone

Drafts 2.5.5(¥250) (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
AppStoreで詳細を見る

for iPad

Drafts for iPad 1.5.5(¥350)(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする