DropBoxの便利な使い方!「共有」機能で非ユーザーに簡単に写真を渡す

先日、知人の息子の運動会の応援に行ってきた。他人の子供の運動会でも、案外楽しめるものだね。

お気に入りのデジイチで写真をたんまり撮ったので、整理してから知人に渡そうと思ったんだけど、どうやって渡そうかな?と。

ファイルサイズが大きいからメールで渡す訳にもいかない。SDカードに入れてオフラインで渡してもいいんだけど…。

実は、もっと簡単に済む方法があるんだよね。そう、Dropboxを使えばいい。

Dropbox

Photo by kilokon.tw



スポンサードリンク

DropBoxの共有はとても便利

DropBoxには「共有」っていう便利な機能がある。DropBox内の指定したファイルやフォルダを公開する機能で、DropBoxユーザーじゃなくても参照できるのが特徴。今回みたいなケースにはもってこいだよね。

共有してみよう

共有のやり方はとても簡単。

共有したいファイルをDropBoxフォルダに置いて、コンテキストメニュー(右クリックしたときのメニュー)の「共有リンク」をクリック。

Sc1

メール、Facebook、TwitterへURLを送信するためのメッセージが入力できるようになっている。特定の相手だけにURLを送信したい場合は「このページにリンクをコピー」というボタンを押すと、クリップボードにURLがコピーされる。

私はリンク先のURLをコピーしてから、TwitterのDMで相手に伝えた。

Sc2

共有の解除

受け渡しが終わったら、リンクを削除しておこう。

Sc3

まとめ

DropBoxの共有機能を使えば、ファイルサイズが大きなファイルでも簡単に受け渡しできるぞ。

超便利だ。もっとはやく知りたかったぜ。

Dropbox 1.5.5(無料) (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする