こんなに便利なアプリ知ってた?BookEverを使ったEvernote書籍管理

図書館は人類が発明した大変有益なシステムだ。

本を買う余裕がなくても、図書館にいけば読むことができる。もし、近所の図書館にお目当ての本がなくても、市内の各図書館にある本をインターネットで予約ができる。便利な世の中だな。

以前は、なんでもかんでも本屋で購入していたけど、今はまず図書館にあるかどうかを探す。早急に読みたい、もしくはずっと手元に置いておきたい本は購入するようにしている。

最近知ったBookEverは書籍情報をEvernoteで管理できるようにするアプリ。バーコードを読み取って、Evernoteにノートを作成できるだけでなく、図書館で予約するためのリンクを作成してくれる。

こりゃ便利じゃないかと、さっそくダウンロードしてみた。

Library

Photo by Paul Lowry



スポンサードリンク

BookEverの使い方は超簡単。基本的には本の裏表紙にあるバーコードを読み取るだけで、Evernoteにノートを作ってくれる。

まずは設定

BookEverを起動したら、右上の設定ボタンをタップ。

IMG 5840

とりあえず、Evernoteのアカウントを設定する。

IMG 5841

ログインしたら、BookEverがEvernoteにアクセスできるように許可する。

IMG 5842

無事に認証を終えたら、送信先のノートブック、図書館の地域、自動送信を設定しよう。ここまでできれば、あとはバーコードをスキャンすればいい。

バーコードをスキャンする

試しに、私のバイブル「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」をスキャンしてみた。

この本は、有名なブロガー@OZPAさんの著書。私がブログを書くようになったきっかけを作ってくれた大切な本だ。

もし、ブログを書いている人は参考になるはずなので、一読することをオススメする。

ちなみに、ステマではない。

IMG 5846

うまくバーコードを読み取ると、このように書籍情報を取り込んでくれる。設定で自動送信をオンにしておけば、読み取り後、自動でEvernoteへ送信してくれる。

自動送信をオンにしていない場合は、右上の送信ボタンを押せばよい。

IMG 5844

作成されたノートはこんな感じ。

IMG 5845

このアプリのありがたいところは、表紙の画像を一緒に添付してくれるところ。ノートを一覧表示したときに、まるで本棚のようになる。

IMG 5851

図書館情報が取得できると、「予約」というリンクが表示される。

IMG 5852

予約をタップすると、図書館の予約ページに遷移できる!すげー!これは便利だな。

IMG 5850

まとめ

書籍管理ならBookEverにおまかせ!Evernoteに自分だけの本棚を作りませう。

BookEver 1.2(無料) (記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
AppStoreで詳細を見る

書籍管理といえば、図書館日和っていうアプリも悪くない。Evernoteにこだわらないならアリだね。

図書館日和 1.2.3(無料) (記事公開時)
カテゴリ: ライフスタイル, ブック
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする