Googleリーダーの代替としてFeedlyを使ってみる(わりといいかも)

2013年7月1日まではまだまだ時間があるので、Googleリーダーの代替となるRSSリーダーをじっくり探してみようかなと。今回の騒動の中でFeedlyというRSSリーダーが評判が良いので、触ってみたよ。わりといいかも。

Feedly

スポンサードリンク

Googleリーダーからの移行が簡単

Googleリーダーからの移行が簡単なのは、Feedlyのセールスポイント。

ReederやMr.ReaderなどのRSSリーダーと同様に、アプリ初回起動時にGoogleアカウントでのログインを要求される。そして、ログインすれば配信された記事を読めるようになるのだが、Feedlyは2013年7月1日以降、Googleリーダーが終了後もそのまま利用できるというのだ。

つまり、Googleリーダーから登録フィードをエクスポートして、Feedlyにインポートさせる、というような作業が一切不要なのだ。楽チンだね。

Flipboardライクなインターフェース

Flipboard: あなたのソーシャルニュースマガジン 1.9.8(無料) (記事公開時)
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
AppStoreで詳細を見る

Feedlyは見た目がシンプルでオシャレな感じ。Flipboardを使ったことがあるならイメージが湧きやすいと思う。全体的な操作感も、メニューボタンを押すのではなく、スワイプやピンチインを使えるのは私の好みだ。

そうだね、好みが別れるところかもしれない。確かにキレイなインターフェースなんだけど、一覧視認性は若干落ちる。大量な記事を消化するには、小さなアイキャッチ画像つきで一覧表示できるPocketとかMr.Readerの方が捗るんじゃないかな。

Feedlyを使ってみる

まず、使いやすいように若干設定を変更してみた。

設定を変更

設定画面は左上のボタンを押すか、画面の左端から右へスライドさせると表示される。Advanced Settingsの中の項目を変更する。

Feedlyの設定を変更する
  1. Transitionを"Swipe"に
  2. Start Pageを"Latest"に
  3. Auto Mark as Readをオン
  4. Fontを好みのフォントに変更
  5. Pocketのアカウント情報を設定

デフォルトでは下から上にスライドさせてページ送りになっているが、TransitionをSwipeにするとFlipboardと同じく左にスライドさせてページ送りができる。起動時には最新の記事を開いておきたいので、Start PageはLatestにする。

直感的な操作方法

Feedlyはスワイプやピンチ操作で直感的に操作することができる。

先の設定どおり、スワイプでページを切り替えることができ、上下にスライドさせると、既読未読をコントロールすることもできる。

直感的な操作方法

画面下部のゲージは全体のページ量と現在位置がわかるようになっている。

また、記事表示中に一覧表示に切り替える場合は、ダブルタップもしくはピンチインすればいい。もちろん、左右にスワイプさせれば記事を移動できるよ。

記事表示から一覧表示へ切り替える

何がいいかって、これらの操作方法はiPad、iPad miniのような広い画面で効果的なんだよね。画面上部のボタンは指が届きにくいから、それだけでイラつく時がある。スワイプでコントロールできるのはタブレットでは特にありがたいのだ。

他のRSSリーダーが使えるようになる?

FeedlyはポストGoogleリーダーの筆頭。なんせ、他のサードパーティ向けにAPIを公開して利用できるようにするらしい。もし、それが本当なら、例えばReederやMr.ReaderなどのGoogleリーダーに依存していたアプリたちはFeedlyを参照するように変更すればいいことになる。

今回は良い機会だったので、Feedlyを触ってみたけど、わざわざ他のアプリに切り替えなくても、今使っているアプリそのままでも問題ないのかもしれない。なんて思ってみたりして。

Feedlyは無料アプリなので、興味がある方はお試しあれ。

Feedly: Your Google Reader, Youtube, Google News, RSS News Reader 12(無料)(記事公開時)
カテゴリ: ニュース, エンターテインメント
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする