RSS利用者必読!fullrss.net(まるごとRSS)を使って全文配信させる

結局のところ、めんどくさがり屋なだけ。

大好きなiPhoneやMac関連の情報が欲しいので、いろんなニュースサイトやブログをRSSリーダー(Reeder)やFlipboardなんかで読みまくっている。

ところが、このRSSってやつは全文配信されていないことが多い。もし、記事内容をすべて読みたければ、リンク元をブラウザで見に行ったり、PocketやReadabilityなどの「あとで読む」サービスに送って全文化する必要がある。

めんどくさがり屋はこの全文化もなんとか自動化できないものか?と発想する。ええ、めんどくさいから。

だったら最初から全文化した記事を配信してやるよ!という、まさに神と呼ぶべきサービスが「まるごとRSS」なのだ。

Rss

Photo by moonhouse



スポンサードリンク

RSSを全文化するウェブサービス

現在は「まるごとRSS」という呼び方じゃないようだ。fullrss.net?なのかな。

fullrss.net

使い方はいたって簡単。

テキストボックスに、RSSフィードのURLを入力して「convert」を押すだけ。試しに、このブログのRSSフィードを変換してみる。

Sc1

変換完了。このままGoogleリーダーに登録することもできる。

Sc2

RSSフィードをまとめて変換

ひとつやふたつのRSSフィードであれば、fullrss.netで変換すればいいのだが、すでに100も200も登録しているRSSフィードをひとつひとつなんてやってられない。なぜなら、めんどくさがり屋だから。

なので、まとめてRSSフィードを変換してしまう簡単な方法をご紹介。

1. Googleリーダーの設定画面、インポート/エクスポートを開く。

2. OPMLという形式で登録済みRSSフィードをダウンロードする。

Sc3

3. ダウンロードしたファイルを適当なテキストエディタで開いて、以下のように置換する。置換したらファイルを保存しよう。

xmlUrl="http:// → xmlUrl="http://fullrss.net/a/http/

Sc4

4. 登録済みのRSSフィードをすべて解除する。

5. 先ほどのインポート/エクスポート画面から編集済みのファイルをインポートする。

以上で完了。

以降は、全文化された記事が配信されるようになるぞ。

まとめ

fullrss.net(まるごとRSS)というサービスを使えば、RSSの記事を全文化することができる。

次回は、全文化した記事にスターをつけたら自動でEvernoteに保存できるようにしようかな。

Googleリーダーでスターを付けたら自動的にEvernoteにクリッピングする簡単な方法 | UIA7


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする