[iPhone]みんなが待っていたGoogle Mapsがリリースされた!簡単に使い方を紹介するぞ

Google公式のGoogle Mapsがいよいよリリース!

これほどまでに、多くの人からカムバックを切望されたアプリもそう多くない。私のTwitterのTL上ではちょっとしたお祭り騒ぎになっている。それだけ、iOS6の地図アプリがひどかったということか。

実際に使ってみると、「ああ、さすがだな」と感服する出来映え。この安心感が無料で手に入るとは、ありがたや〜。

Map

Photo by zoetnet



スポンサードリンク

検索する

画面上部にある検索バーに「東京タワー」と入れて、検索してみる。

東京タワーが画面中央に表示されて、フラグが立った状態になる。画面下部には情報バーが表示されていて、上にググッと押し上げると、詳細情報を見ることができる。

IMG 7007

そして、ストリートビュー。いやこれ、いつ見てもお見事だよね。土地勘がない場所でも、ストリートビューで周辺情報の雰囲気が把握できちゃうからなぁ。迷子常習犯の私にはとてもありがたい。

IMG 7010

ビューを切り替える

Google Maps通常の地図表示に加えて、交通状況、路線図、航空写真、ストリートビュー、また、Google Earthと連動させることができる。

切り替え方法は、2本指で左にスワイプ、もしくは、画面右下のボタンを押すことで、右からニュッとメニューが表示される。

IMG 6997

コンパスを使う

Google Mapsの初期表示は平べったい普通の地図。ノースアップ(常に北が上)になっていて、私的には見やすいけど、ヘッドアップ(進行方向が常に上)で見たい人もきっといるよね。

Google Mapsでは、画面左下のコンパスボタンを押すことで、ノースアップとヘッドアップが切り替えられるようになっている。しかも、このコンパスモードの場合は、建物などが立体的に表示される。カーナビで言うところの、バードビューのような?表示。その場でグルグルまわってスムーズに地図が動くのをみると、ちょっとした感動。すごいよなー、Googleさん。

IMG 7001

ちなみに、このコンパス機能は、設定によっては使えない。使いたい場合は、下記の設定をオンにしよう。

設定 -> プライバシー -> 位置情報サービス -> システムサービス -> コンパスの調整

IMG 7004

乗り換え案内

場面によっては使っていきたいと思った機能。というか、Google Mapsで乗り換え案内もしてくれるなんて、便利だねぇ。

検索バーのちょい右に、矢印のマークがあるので押すと、出発地と目的地が入力できる。出発地の初期値は現在地だけど、「現在地」と表記されているところを押せば、好きな場所を入力できる。

IMG 7016

検索すると、経路を地図で表示してくれる。画面下部には時間や料金が簡易表示されていて、他の候補が知りたければ、ググッと上に押し上げれば一覧表示される。詳細を見てみると、経由駅や時間などの細かい情報を確認できる。

乗り換え案内専用のアプリと比較しちゃうと機能的に足りない部分もあるけど、Google Mapsで事足りる方も多いのでは?

IMG 7017

片手でズームイン・ズームアウト

「ダブルタップした後、指を離さずに上下にスライドさせる」

片手でズームイン(もしくはズームアウト)できる機能が便利すぎるということで、ちょっとした話題になっている。確かに便利だ。

IMG 7018

URLスキーム

Google MapsのURLスキームは

comgooglemaps://

とのこと。

QuickaやらSeeqが大好きな方は早速登録してみてくださいな。地図のリンクを使って直接Google Mapsを開きたい場合は、URLの「http」の部分を「comgooglemaps」に書き換えればいけちゃうね。

まとめ

待望の、Google公式の地図アプリ「Google Maps」がいよいよ登場!

みんな!とにかくダウンロード!ダウンロード!

Google Maps 1.0(無料) (記事公開時)
カテゴリ: ナビゲーション, 旅行
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする