写真ブラウザアプリ「guPix」のアカウントが登録できた!

「guPix」にアカウントを登録してアプリを使ってみたので、しばらく使ってみようかと思う。

GuPix

スポンサードリンク

やっぱり障害だったらしい

たまたま昨日、新しいアカウントを登録しようとしたところ、「登録失敗」というメッセージが表示されて登録することができなかった。

写真ブラウザアプリ「guPix」が無線LAN搭載「FlashAir」に対応しただと!? | UIA7

どうしても使ってみたかったので、iOSアプリからはもちろんのこと、わざわざWindows版もインストールして試したり、3Gで試したりなんてことをしてたんだけど登録できず。

ただ、調べているときにguPixのアカウントを管理していそうなサイトがアクセスできなかった(プロキシサーバーが落ちてそうなメッセージが表示されてた)ので、たまたま、何か障害があったのかな?ぐらいに思ってしばらく放置。先ほど確認しに行ったら、

お知らせ

ということで、やっぱり障害だったみたい。今は復旧しているとのことで、速攻でアカウントを登録した。やった〜!

アカウントを登録してみた

guPixからアカウントを登録する。生年月日とか性別まで抜かれるのはどうかと思ったけど、パスワード忘れのときに使うのだそうな。

guPixを起動

ものの数秒でアカウント登録成功。まずは、このiPhoneの写真が閲覧できるようになる。設定画面では「Wi-Fi接続時のみ」だけをオンに変更しておいた。

guPixは全体的にシンプルなつくりになっていて、設定項目が少ない。操作も簡単で迷うことがない。

アカウント作成後

保存先にFlashAirを追加する

さて、目的のFlashAirを閲覧できるようにする。

写真の保存先はいくつか選択できるのだが、下の方に「FlashAir」があるので選択する。けど、iPhoneとFlashAirを接続してくれよ!というメッセージが表示されて、このままでは追加できない。FlashAirは独自の無線LAN機能があり、そのLANに接続した状態にしないと中身を見ることはできない。当然か。

保存先を追加する

FlashAirをカメラにセットして、カメラの電源をオン。数秒待つと「flashair_xxxx」というSSIDが登場するので、Wi-Fi接続する。そしてguPixから保存先を追加してみると、見事にカメラ内の写真が見れた!この状態になれば、写真をiPhone内のカメラロールに保存したり、メールやTwitterなどに送ることができるようになる。

ちなみに、私が使っているNikkonのD3100は「ライブモード」という状態にしないと、FlashAirの無線LANが起動しない。面倒な気もするが、常時無線LANがオンの状態になっていたら、バッテリー駆動時間が激減しそうな気がするので仕方がないのかな?

FlashAir

guPixの動作はとても軽快。閲覧できるようになるまでの時間が超早いし、いったん読み込んでしまえば、FlashAirと接続が切れても見ることができる。ブラウザでアクセスして見るより断然快適。うん、いいね。

知人に写真をシェアするときにDropbox経由なことが多いので、閲覧できた写真をDropboxに送れるのは便利だな。欲をいえば、Google+に送信できるようにしてもらえないかなー。guPixで好きな写真を選んでGoogle+に送信するようにすれば、iPhone内に写真を残さずにクラウドで管理できるようになるからすげー楽チンになるんだよねー。勝手に期待しちゃおうかな。

「guPix」にアカウントを登録してアプリを使ってみたので、しばらく使ってみようかと思う。

写真同期 guPix 1.0.848(無料) (記事公開時)
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

FlashAirはこちら

TOSHIBA FlashAir SDカード 8GB SD-WL008G

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする