写真ブラウザアプリ「guPix」が無線LAN搭載「FlashAir」に対応しただと!?

guPixとFlashAirの組み合わせで、フォトライフが楽しくなりそうな予感。

FlashAir

スポンサードリンク

無線LAN内蔵SDカード「FlashAir」

TOSHIBA FlashAir SDカード 8GB SD-WL008G

FlashAirは「無線LAN」内蔵のSDカード。

こいつがあれば、カメラからSDカードを取り出さなくても無線LANなどのネットワーク経由で写真を送受信できるという代物だ。

FlashAirについてはこちらの記事が参考になるかと思う。

そばにいる知人がスマートフォンを持っていれば、デジカメで撮った写真をその場で渡すなんてことができちゃう。

FlashAirをさらに便利に

そしてそして、FlashAirを快適に使うためのアプリ「guPix」のiOS版が登場。guPixがあれば、SDカード内のデータだけでなく、クラウド上の写真やiPhone、iPadの写真をまとめて閲覧できるという、すんばらしいアプリらしい。

FlashAirユーザーの私は早速アプリをダウンロードして使おうとしたが、問題に遭遇。

guPixを利用するためには専用のアカウントを登録する必要があるのだが、どうにもこうにも新規登録できない。iPhoneからもパソコンからも「登録に失敗」という悲しいメッセージが表示される。guPixのサイト内にある「よくある質問」をみると「インターネットに正しく接続されてる?」とか「時刻合ってないんじゃない?」とそっけなく書いてあったが、問題ないちゅーの。

そもそも、アカウントサービスのサイトにアクセスできないので、サーバー側の問題なのかな。メンテナンス中?

guPixアプリの使い勝手などは、今後のお楽しみにとっておくとして、とりあえず、前段の作業が必要らしい。

追記:アカウント登録できたので、こちらの記事も参考にどうぞ。

写真ブラウザアプリ「guPix」が無線LAN搭載「FlashAir」に対応しただと!? | UIA7

FlashAirソフトウェアの更新

guPixを利用するにあたって、FlashAirに内蔵されているソフトウェアを最新の状態にしておく必要がある。いままで使ったことないけど、FlashAirを管理するためのパソコン用アプリがあったので、まずは設定ソフトウェアをダウンロードしてインストールしてみた。

無線LAN搭載SDHCメモリカード FlashAir(TM)設定ソフトウェアダウンロード 使用許諾契約書 | 東芝 Pocket Media

上記サイトからappファイルをダウンロードするだけ。アプリを起動したら、FlashAirを差し込んで、デバイスを選択する。

FlashAir設定用ソフトウェア

次に、以下のサイトから新しいソフトウェアをダウンロードする。

無線LAN搭載SDHCメモリカード FlashAir(TM)ソフトウェアダウンロード 使用許諾契約書 | 東芝 Pocket Media

FlashAir設定アプリの「ソフトウェア更新」で、ダウンロードしたファイルを選択して「更新」を押す。

FlashAirソフトウェア更新

FlashAirを再度挿入するように促されるので、指示に従う。

FlashAirを取り外す

すると、アップデートが始まる。

FlashAir更新

アップデート完了。

FlashAirソフトウェア更新完了

これで、guPixを使うためのFlashAir側の準備は終わり。あとはアカウントを作って…ってまだアクセスできない。登録できるようになったら、guPixのレポートを書きたいと思う。うーん、早く使ってみたい。

guPixとFlashAirの組み合わせで、フォトライフが楽しくなりそうな予感。

写真同期 guPix 1.0.848(無料) (記事公開時)
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする