iMemoryGraph & Quicka – iPhoneのもっさりを解消するアプリ連携

iPhoneのアプリは終了させたつもりでも、基本的にはプロセスが残っている。そのため、メモリーが逼迫して動作が「もっさり」してきたり、アプリが不安定になる場合がある。

まだiPhoneを買ったばかりのころ、知人に次の作業を定期的にやったほうが良いと教わった。

  • ホームボタンを2回押す。
  • なんでもいいからアイコンを長押し。
  • Xボタンを連続タップ。

正直面倒だったが、そういうものなのかと盲信していた。ちなみに知人はこの作業を「鬼タップ」と命名していた。

ところが、世の中には私のようにモノグサな方がいるらしく、メモリークリーナーというジャンルのアプリが存在することを知った。最近ではもっさり解消 for iPhoneとかサクサク for iPhone 改あたりが人気があるようだ。

いずれも、プロセスを殺すことまではできないが、未使用のメモリーを解放してくれる効果がある。

ただね、メモリークリーナーごときで、ホーム画面の貴重な領域を占有するのはもったいない。アプリのアイコンは2画面以降に追いやりつつも、ドックまたは通知センターから起動する方法はないものかと、模索していたんだよね。

そこで、これならいける!と思わせてくれたのは「iMemoryGraph」と「Quicka」の連携。「鬼タップ」が面倒だなと感じている方には参考になる情報かと思うので、ぜひ一読してみてほしい。

Slowly

Photo by pernillarydmark



スポンサードリンク

URLスキームに対応しているアプリは?

ホーム画面にアイコンを置かずに簡単に起動するには、アプリがURLスキームに対応していればなんとかなる。URLスキームを用意してくれているメモリークリーナーといえば、iMemoryGraphだ。

iMemoryGraph 1.7.1(無料) (記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
AppStoreで詳細を見る

ちなみに、iMemoryGraphは無料アプリだが、メモリークリーナーの機能は85円でアドオンの機能を購入する必要がある。イナズママークのボタンが使えるようになるぞ。

IMG 5829

参考サイト

iPhone・iPadのメモリ解放アプリの定番「iMemory Graph」がお得&便利&簡単! | ひとぅブログ

iMemoryGraph : メモリの使用量が一目瞭然!アドオン購入でメモリ解放もできる!無料iPhoneアプリ

iMemoryGraphのURLスキームは?

iMemoryGraphのURLスキームは"iMemoryGraph://"だが、一発でメモリークリーンしてもらうためには、

iMemoryGraph://go

というURLスキームを使う。

QuickaからiMemoryGraphを起動する

Quickaは簡単にいうとランチャーアプリ。URLスキームがわかればどんなアプリもQuickaから起動できる。私はQuickaをドックに入れて、いくつかのアプリを起動している。すげー便利だぞ。

Quicka 1.6(¥85) (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る
よく調べものをする方にオススメしたいQuickaによる快適検索 | UIA7

では、QuickaにiMemoryGraphのURLスキームを登録してみる。

Quickaを起動して、右下の追加ボタンを押す。

IMG 5834

「URLスキームを追加する」を選ぶ。

IMG 5835

先ほどのURLスキームを入力する。

IMG 5836

Quickaに登録したアクションをタップすれば、iMemoryGraphが起動して、すぐにメモリークリーン作業を行ってくれるはずだ。

IMG 5838

別解

Touch Icon CreatorやaHomeIconを使って同じことを実現する方法もあるらしい(未検証)。Launch Center、Launch+でもいけるみたい。なるほどねー。

iMemoryGraphのURLスキームを使って一発でメモリ解放! | 代助のブログ

まとめ

QuickaからiMemoryGraphを起動すれば、一発でメモリークリーンを実行できる。iMemoryGraphをホーム画面に置かなくてもいいのが嬉しい。

「鬼タップ」に疲れた人は、ぜひお試しあれ。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする