iOS6で追加されたおやすみモードが自分にとって必要な機能だった件

夜寝るときにiPhoneを枕元に置いてるんだけど、どうでもいい広告メールが届いただけで起こされるときがある。

しかたがないので、機内モード。

もし、知人や家族から緊急の用事があれば、家の固定電話が鳴るはずだから、大丈夫かな、と。

けどね、iOS6には「おやすみモード」という大変便利な機能が追加されているじゃないか。

これは活用しないと。

Sleepy

Photo by treehouse1977



スポンサードリンク

設定は通知から

「おやすみモード」の切り替えは設定を開いたすぐのメニューにあるんだけど、細かい設定は通知からおこなう。

設定 -> 通知 -> おやすみモード

IMG 6368

おやすみモードの効能

おやすみモードが有効になると、

  • 電話やTwitterなどの通知があっても音がならない。
  • おやすみモードにする時間帯を指定できる。
  • 特別に通知を許可する連絡先を指定できる。
  • 同じ人から3分以内に2度目の電話があったら通知するように設定できる。

夜中とはいえ、受けないといけない連絡先を指定できたり、緊急時に連続で電話がかかってくれば通知するという、細かな指定ができるようになっているのだ。

IMG 6369

おやすみモードをオンにすると、画面上部の時間の左横に三日月のマークが表示されるんだね。

どうでもいい連絡は通知せず、緊急連絡は通知してくれるのだから、大変便利な機能だ。

今日からさっそく設定して使うことにした。おやすみなさーい。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする