iPad mini を買うべきか買わざるべきか

最近、気になって気になって仕方がない、iPad miniについてつらつらと書いてみた。

iPad mini

Photo by LJR.MIKE



スポンサードリンク

iPad miniを買うべきかどうか

理由はよくわからないけど、発売当初よりも自分の中で盛り上がっている。iPad miniを買うべきか買わざるべきか。一旦は「買わない」で落ち着いたはずが、電話以外のことはタブレット使ったほうが快適なんじゃないか?という考えがアタマを離れないのだ。

例えば、iPhone以外でTwitterやメール、RSSで情報収集しようと考えると、携帯性を損なわずに広い画面が使える媒体といえば、iPad miniでしょ?いや、iPad mini以外考えられないよね?という感じで妄想しているのだ。

だったらもう買っちゃえよ、というのはごもっともなご意見なんだが、ちょっと立ち止まって、情報収集してみた。

iPad miniなんていらないという意見

まずはネガティブなご意見をまとめてみた。やはり、「なぜ非Retina?」という話が多いね。

決して安くはない価格設定

買うなら間違いなくCellularモデルなんだが、その価格はWi-Fiモデルよりも1万円以上も高い39,800円とな。どうしたって類似サイズのタブレットたちと比較されてしまい、「たけーよ、おい!」というツッコミがどうしても多くみられる。

ただ、他の端末と比べて価格が高いという見方は少し違うかな、と思う。iPad miniの魅力にどれだけお金を払えるかということが大事なので、現状のスペックと自分の用途によって「高い・安い」の判断は変わるはず。

非力なCPU

第2世代のiPadクラスのスペックということで、A5プロセッサは実用的には問題ないが、やはり最新のA6Xに比べると性能が落ちる。私は第4世代のiPadが手元にあるので、アプリがもたついちゃったりすると、気になる可能性は高い。

けど、iPad miniを使う頻度が高ければ慣れちゃうんだろうなー、とも思う。

Retinaディスプレイじゃない

これは結構イタイ。iPhoneもiPadもRetinaだけに気になる。Retinaはぜひとも頑張ってほしかったなー、Appleさん。実物を見てみると、世間の酷評ほど見れなくはないが、やっぱりぼやけて見える。うん、ぼやけてる。

雑誌や漫画も読めなくはない、というレベルか。これも慣れの問題なんだろうか。地デジからアナログに戻れって言われたら完全に無理だけど、Retinaから非Retinaならなんとかなりそうな、気がする。うん、気がする。

iPad miniに対する好意的な評価

そして前向きなご意見。特に携帯性に惚れて購入にいたる方が多いようだ。

とにかく軽くて薄い

iPadのディスプレイは確かに超キレイで、アプリもサクサク動く。けど、重い。どこかに置いて鑑賞するなら問題ないけど、手にもって長時間作業するのはつらい。その点、iPad miniは、なんなら片手で持っていても全然我慢できる重さだ。そして薄い!iPhoneより薄いってすごいよな。

iPhoneと比べちゃうと、ポケットに収納しておいてサッと取り出すっていうのは難しいけど、電車の中で鞄から取り出して使えるギリギリなサイズなんじゃないだろうか。

アルミとガラスでできた作りとデザイン

手に持って見てみると良くわかるが、筐体がとても美しい。アルミで傷がつきやすいのかもしれないけど、いやー、いいデザインだ。ベゼルが狭くして画面を広くする工夫がされているのも関心する。そういえば、次世代iPadはiPad miniのデザインを取り入れるなんて噂もあるね。

豊富なアプリ

これまで購入したアプリたちが使えるという点は見逃せない。私的にはこの理由が大きくて、Androidタブレットに対して購買意欲がわかないのかもしれない。Androidにも無料で優れたアプリがあるんだろうけど、安全性考えると、やっぱりiOSアプリがいいよなー。

結局どうしたもんだか

もうすでに次世代iPad miniなんて噂も目にするわけだが、今時点では決めきれず。うーん、どうしよ。

けどね、本体まだ買ってないクセに、もしiPad miniを買ったら、使いたいケースは決まっている。

【正規品】Zephyr Rhythm Grid Apple au softbank iPad mini LIBRO mini Ostrich Black ZRG-AMCV01OB

実はこのカバー、紙でできているので、薄くて軽いらしい。見た目が落ち着いていて、ぜひ使いたい。欲しい。

最近、気になって気になって仕方がない、iPad miniについてつらつらと書いてみた。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする