iPad miniがある生活

iPad miniを購入してから1ヶ月以上経過。私が実際にどのようにiPad miniを利用しているのか、振り返ってみた。誰得なのか分からないけど。

iPad miniが好き

スポンサードリンク

起床

Morning

Photo by Victoriia

朝はアタマが働きやすいというのもあって、なるべくクリエイティブなことに時間を割きたい。

  • メールをチェック
  • ブログを推敲

とはいえ、夜中に仕事関連のメールがきていることがあるので、まずはメールをチェック。もし、メールがきているとあんまり良いことないのだが。そのあとは、前日に書いたブログを読み返す。ブログの記事は夜書いて、翌朝見返すというパターンが私には合っているようだ。時間をおいて読み返すと、違う発想がでたり、「ナニコレ恥ずかしい」と思い直して文章を削除することがある。

通勤

Commuter Train

Photo by j.o.h.n. walker's

普段はしがないサラリーマンをやっているので、当然のごとく通勤時間というものがある。

  • フィードを読む
  • Twitterを眺める
  • 公開したブログをチェック

適当な通勤時間は、うまく使えば非常に効果的。残念ながら電車の中では座ることができないので、立った状態でiPad miniを使う。スマホならなんら問題ないが、タブレットとなるとそれなりの重量、サイズがある。けど、iPad miniなら約300gという片手で持つのにギリギリな重さ。なんとか片手で持つことができる。

これが大きい方のiPadだとこうはいかない。まず、大きいからカバンから取り出すときに一手間。そもそも仰々しいので、満員電車の中では気が引けるというのもある。

取り回しに関しては、iPhoneが優れているのは百も承知だが、iPad miniの広い画面の快適さに慣れてしまうと、もう戻れない。フィードのタイトルを流し読みして、気になったらPocketやEvernoteに送信しておいて、あとで仕分する。Twitterを眺めて、今話題になっていることとか、新しいアプリの情報を収集する。

フィードを読むアプリはMr.Readerが最強なんだけど、Googleリーダーが廃止されたらどうなるのかがまだ不透明。

あと、ちょうど通勤時間中にブログが公開されるように設定してあるので、公開された文章をもう一度読み返す。

お仕事開始

Working

Photo by ishane

私物のiPad miniをオフィスで使う許可を得ているので、自分のデスクに置いている。Apple Wireless Keyboardとカバーを広げてiPad miniを立てかける。朝のミーティングには、iPad miniとスタイラスペンだけを持って会議室に向かう。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
新品 Incase Workstation for Apple Wireless Keyboard, iPad and iPad 2

ミーティングの議事録というかメモをとるのに欠かせないのが、スタイラスペンと「むげんメモ」だ。現状、この「むげんメモ」はかなり大活躍している。どこから書き始めてもいい、いくらでも追記できるというのは、すこぶる快適で、他の手書きアプリは全く使わなくなった。以前は裏紙にボールペンでメモをとっていたが、そのままiPad miniを使うようになったイメージ。紙ゴミが溜まらなくなって、スマートになった。

むげんメモ 4.2.4(¥450)(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

お昼休み

Lunch

Photo by ljv

お昼は愛妻弁当を自席で食べている。丸々1時間休憩できるので、iPad miniにイヤホンを差して音楽を聞いたり、週末に取り込んでおいたYoutubeの動画や映画を見る。動画はiPhoneでも見れなくはないが、やはり画面は大きい方が見やすい。Retinaだったら最高なんだけどねぇ。6月のWWDCでRetinaモデルが発表になることを切に願うよ。

現行のiPad miniがRetinaじゃないということで、購入を見送った方も多いと思う。私の場合は購入に踏み切った訳だが、かなり満足している。一日の中で、スマートフォンとタブレットの稼働率が 1:9ぐらいの割合になっていることからも、iPad miniを購入したことは大正解だったようだ。Retina非搭載というハンディキャップがあってもこの満足度ということは、次世代のiPad miniを手に入れたら、かなり興奮するんだろうな、と今から妄想してみたり。

午後のお仕事

Afternoon

Photo by TedsBlog

iPad miniを仕事に活用する方法を日々模索している。

デスクワークをしていると、ExcelやWordというOffice製品でドキュメントを作成する機会が多いと思う。私の会社でも、既存の資料はすべてOffice製品でつくられている。残念ことに、MS謹製のiOS版Officeは存在しない。今春に出るか?という噂もあったけど、ちょっと怪しいかな。

最近、実践してみたのがWebサイトのコーディングだ。外部キーボードがあれば、テキストの編集はお茶の子さいさい。なので、HTMLやCSSの編集だったらパソコン並に編集可能だ。メインで使っているアプリは「Textatic」という、FTP機能付きのエディタアプリ。まさにWebサイトのコーディングのために作られたようなアプリだ。ハイライト表示で見やすいし、行番号も表示されているし、そのままFTPでサーバーにアップできる。

Textastic Code Editor 4.3(¥800)(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
AppStoreで詳細を見る

そうはいっても、パソコンがあるならパソコンを使ったほうが楽チンなので、あくまで実験的にやってみたというのが本音。ただ、出先で修正したり、お客様の目の前ですぐに文言を直してしまうなんてことができるので、今後は必須のアプリだ。

iPadには「iSSH」というSSHクライアントもあるので、Textaticと組み合わせれば、サーバーにまわりの作業はiPad miniでほとんどできてしまう。このブログもレンタルサーバーを借りていて、iSSHで作業することもある。

iSSH - SSH / VNC Console 5.5.0(¥850)(記事公開時)
カテゴリ: ビジネス, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る

帰宅

Go Home

Photo by Jinx!

帰宅後、お風呂に入ったり、食事をしてからブログを書く。

ブログの執筆に使っているアプリは「Poster」というブログエディタ。あまりメジャーじゃないみたいだけど、必要な機能はほとんど揃っているので愛用している。見た目もReederチックでお気に入りだ。

簡単なアイキャッチ画像の編集には、「ImageKit」「Photoshop Touch」「Phonto」を組み合わせて作っている。注釈とかトリミングには「Skitch」を使うことが多い。Photoshop Touchは買うのを迷ったけど、実際に使ってみると画像編集アプリとしては結構優秀だ。もちろん、パソコン版とは比べものにならないけど、弟分みたいなモノかな。凝ったことやるなら大人しくパソコンでやりましょう、と割り切るべきなんだと思う。

ImageKit - アプリアイコンダウンロード・一括トリミング・画像合成 1.0.2(¥85) (記事公開時)
カテゴリ: 写真/ビデオ
AppStoreで詳細を見る
Adobe Photoshop Touch 1.4.1(¥850)(記事公開時)
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
AppStoreで詳細を見る
Phonto 写真文字入れ 3.6.1(無料)(記事公開時)
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
AppStoreで詳細を見る
Skitch 2.0.5(無料)(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
AppStoreで詳細を見る

就寝

Good night

Skley

寝るときにはさすがにiPad miniの出番はないが、一応、枕元に置いている。子供がお気に入りのオモチャを枕元に置くのと同じだな。いつまでも子供ですいません。

って書いてて思い出した!睡眠導入支援のアプリってあったよね。ということで、「睡眠アプリ」をたった今購入した。睡眠は大事だからねぇ。もし効果があったら結構嬉しいな。さっそく今晩から使ってみようっと。

睡眠アプリ 3.9.6(¥85) (記事公開時)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, メディカル
AppStoreで詳細を見る

ということで、一日の生活の中でどれだけiPad miniが関わっているのかを思い出しながら書いてみた。やっぱりかなり活躍しているというか依存しているというか。若干、不安な部分もあるけどまあいいか。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする