迷っている人にぜひ読んで欲しい!iPad miniは非常に満足度の高い買い物だったよ

iPad mini Wi-Fi + Cellularを手にいれてから1週間ほど経過したので所感を。所有者びいきになっているかもしれないけど、短所もあげていきたい。

iPad mini さいこー

スポンサードリンク

持ち運びたくなるiPad mini

重量312g、厚さ7.2mm、7.9インチのディスプレイ。

iPadといえば「重い」という先入観を払拭してくれるのがiPad mini。店頭で触った時点で「軽い」と感じることができるけど、実際に持ち歩いて使ってみると、よりいっそう軽さのありがたさを実感する。

あくまでタブレットなので、胸ポケットに入れておいてサッと取り出すなんてことはできない。けど、カバンのサイドポケットに突っ込んでおき、手軽に取り出すことは十分可能だ。乗換の時はイチイチしまわないで、手に持ったまま乗り継いでいる。

さすがに満員電車の中で、iPad miniを開くことはできないし、開こうとも思わないが、普通の混み具合で立っている状態であれば、iPad miniを取り出して電子書籍やTwitterを楽しんでいる。ただ、iPhoneだったら可能だった片手の操作は、やはりiPad miniのサイズでは苦しいね。

そうそう、前の記事に書いたiPad miniのカバー「RIBRO mini」が自分的にはかなり気に入っている。特に折りたたんだ状態のたたずまいがなんともスタイリッシュでイカスのだ。なんならカバンは家においたまま、iPad miniだけを持ち歩きたいぐらいだ。

LIBRO mini は予想どおりの良いモノでした | UIA7

バッテリーの持ちが良い

iPad miniを使ってみて非常にありがたいと感じているのがバッテリーの持ちの良さ。iPhoneと比べて倍ぐらいの電池容量があるんだから当然かもしれないけど、外出先で充電が切れてしまう心配が減るというのは嬉しい。隙あらばiPad miniを触っている状況なので、さすがに毎日充電しているけど、その割にはよく持ってくれている。

今のところ、モバイルバッテリーを持ち歩かない代わりにLightningケーブルと電源アダプターを別途購入してカバンに放り込んである。iPad miniに付属している電源アダプタって5wなんだけど、充電時間を短縮するためにiPad用の12wの電源アダプタをわざわざ買った。

5wの電源アダプタを使って、フル充電されるまで4、5時間かかるが、12wを使うとさらに90分ほど短縮されるらしい。もし追加で電源アダプタを購入する予定があるなら12wがオススメ。

LTEは光回線よりも速い!?

iPad miniの機動力を最大限に発揮するためにCellularモデルにしたわけだけど、LTEの爆速には驚いた。なんせ、自宅の光回線よりも速いんだもの。

左が自宅のWi-Fi、右がLTEね。14.73Mbpsって...。

LTE驚きの速さ

無線LANだから遅いってのもあるんだけど、LTEがこれほど速いとは思わなかった。一度体験すると、もう戻れない。

パソコンがいらなくなる?

無理矢理感があるのは十分承知の上で、iPad miniをフル活用することでパソコンを使う機会がどれだけ減らせるのか挑戦している。こういうどうでもいいことを真面目に取り組んでみると、それぞれの長所・短所、役割みたいなものが見えてくる。

用途にもよるけど、iPad miniがあるからといってパソコンが不要になることはまずない。

現状では、Office関連のアプリが弱いのがイタイ。iWorksとかGoogle Driveとか試してはみるものの、これまでに作成した既存の資料を使う時にレイアウトが崩れたり、そもそも開けなかったり。Microsoft公式のOffice for iOSが登場すればかなりインパクトあると思うんだけどなぁ。WindowsのOfficeと100%互換性があるのであれば、多少高くても絶対に買うと思う。Office for iOSは早く欲しいけど、課金の問題が解決しない限りはリリースされないんだろうな。

iPhoneがいらなくなる?

iPad miniがあればiPhoneがいらなくなるのか?これも一概には言えない。

携帯性からいえば間違いなくiPhoneに軍配が上がるけど、閲覧快適性でいえばiPad mini。結局は使い分けなんだよな。

iPhoneはいつでもどこでも持ち歩くことができるので、ちょっとした合間に用もないのに触ってしまう。歩いているときに携帯触ってて邪魔な人っているよね?あれって「あぶねーな!」って思うけど、きっと自分が当事者の場面もあったはず。うーん、カッコ悪いから、なるべくそうなりたくない。

一方、iPad miniはそこまでの携帯性がないことが逆に良い効果が出ている。少し落ち着けるような状況じゃないと、iPad miniを開くことはない。例えば、エレベーターを待っているとき、信号待ちしているとき。そこまで短い隙間時間では、用もないのにiPad miniを取り出さない。億劫なので、無意味に画面を開く機会が自然に減ることになる。

それから、iPhoneとiPad miniを比較した時に決定的に違うのは「電話」機能の有無。どれだけSNSが進化しても、現時点では携帯「電話」を手放すことはできない。普段ほとんど使ってないとしても、緊急時には絶対に必要になる。ご存知のとおり、iPad miniには「電話」としての機能はついていないので、iPhoneの方が良いという考え方もある。

情報収集に最適なデバイス

情報収集する上ではiPhoneが最強なんじゃないかと思っていたけど、iPad miniも負けてない。むしろ画面が広い分、iPad miniのほうが快適な場面が多いかも。ネットサーフィンはもちろんなこと、RSS、ニュース、新聞、etc...。iPhoneの4倍の広さってこんなに快適だとはねぇ。特に、最近は視力が落ちてきているのもあるから、画面が広いおかげですこぶる見やすい。

自分にとって貴重な情報は、優秀なアプリたちからEvernoteへ連携させて蓄積するようにしている。この運用はiPhone、iPad、iPad miniどのデバイスでもほぼ同様の作業ができるので、非常に大きなメリットだ。

文章を書くなら外部キーボードを

否定的な意見が多いけど、iPad miniは文書作成にも十分使える。

ただし、外部キーボードを使わないと生産性は上がらない。中でも、iPad miniとApple Wireless Keyboardの組み合わせは最強で、ブログの執筆ではパソコンを使う頻度は激減。お仕事でも、議事録の作成にはiPad miniが欠かせなくなっている。あー、さっきも書いたけど、iOSでOfficeが普通に使いたい。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

そういえば、マニアックすぎると思って記事にしていないけど、HTMLやCSSのコーディングにもiPad miniを使うようになった。iOSアプリにはTextasticというFTP機能を備えたエディタアプリを使ってデモサイトの構築をやっている。さらに、SSHで通信できるクライアントアプリ「iSSH」があることを知り、このブログ用に借りているレンタルサーバーへのアクセスは「iSSH」で行っている。もし、リクエストがあれば詳細を書いてみようかな。

iPad miniに向いているアプリ

iPad miniで使ってみて良かったなと思うアプリをあげてみる。もはや手放せない。

むげんメモ

むげんメモ 4.2.4(¥450)(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

手書きメモアプリとしては最強。この上なくエコな裏紙を手に入れた。

Mr.Reader

Mr. Reader 1.11.1(¥350)(記事公開時)
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
AppStoreで詳細を見る

Reederから乗り換えたRSSリーダーね。使い勝手最高。

Flipboard

Flipboard: あなたのソーシャルニュースマガジン 1.9.8(無料)(記事公開時)
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
AppStoreで詳細を見る

このアプリを眺めていると時間がいくらあっても足りない。

Kindle

Kindle 3.6(無料)(記事公開時)
カテゴリ: ブック
AppStoreで詳細を見る

電子書籍はKindleで統一するようにしている。最近、「とんび」を買ったんだけど、電車の中では読んではいけないことに気がついた。ものの数分で泣いてしまう。

Poster

Poster - a WordPress blog editor 2.0.2(¥250)(記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

気に入っているブログエディタ。挿入画像の一括選択できるようにならないかなー。

iPad miniが苦手なこと

そもそもタブレットは「閲覧」に向いているデバイスなので、アウトプットすることには向いていない。なので、ドキュメントの作成は限度がある。ただのテキストだったら全然いけるけど、やっぱりWordやExcelをそのまま使えないというアドバンテージは大きい。Webサイトのカンプ作りなんかも、iPad miniで作業するのは現実的じゃない。

あと、シングルタクスというのも弱みかな。集中しやすいとも言えるけど、「ながら」ができないのは案外不便で、面倒だなと思う場面が多々ある。

ちなみに、パソコンと比べてしまうと、iPad miniはできないことだらけだけど、タブレットに万能性を求めること自体ナンセンスなんだろうな。用途に応じて使い分けろってことだ。

それでもRetinaディスプレイは欲しい

慣れとは恐ろしいもので、非Retinaディスプレイでも違和感がなくなった。キレイに見えることに越したことはないんだけど、タブレットとして使えないわけじゃない。

ただ、非Retinaであることは現行のiPad miniの最大の弱点であることに変わりないので、ぜひ次期バージョンでは搭載して欲しい。やっぱり、Retinaディスプレイは美しいよ。

iPad miniは使い倒せるデバイスだ

iPad miniは自宅でも外出先でも大活躍しているので、駆動時間が長い。動画を眺めたり、物書きしたり、本を読んだり。ヘビーなiPhoneユーザーのつもりだったけど、iPad miniに触れている時間のほうが1.5倍(体感比)長いと思う。iPad miniには気の毒だけど、今後も酷使させてもらう。w

iPad miniは非常に満足度の高い買い物だったよ。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする