iPad miniで使いやすいRSSリーダーアプリは?

「RSSといえばReeder」という固定概念が覆された日。

RSS

Photo by Lars Plougmann



スポンサードリンク

Mr.ReaderというiPadアプリ

RSSリーダーアプリの定番といえば、ReederかSylfeedあたりだよね。私はReederを愛用していて、iPhoneもMacもアプリを購入して毎日のように使っている。

ただ、「Mr.Reader」という@OZPA師匠がオススメしているアプリが気になって仕方がない。あ、これiPad専用アプリだったんだね、忘れていた。確か、まだiPadが手元になかったので、その時は試すことすらできなかったんだった。

Reederを使っていて、大きく不満があるわけじゃないけれど、どうやら「Mr.Reader」の評判は上々らしい。iPad miniもあることだし、いっちょ試してみるか!といういつもの軽いノリで購入。

Mr.Readerを使ってみて、数分後には「あ、Reederいらないかも。」という感想。数時間後にはReederがホーム画面から去ることになりましたとさ。

Reeder 3.0.6(¥250) (記事公開時)
カテゴリ: ニュース
AppStoreで詳細を見る

Mr.Readerが優れている点

実際に使ってみて、Mr.Readerが便利だなと感じた点をいくつかあげるので、まだRSSリーダーアプリを購入していない人の参考になればと思う。

サムネイルが見やすい

サムネイルが見やすい

これ、Reederにはなくて、非常に欲しかった機能。RSSリーダーで記事を読むときは、一覧で流し読みをする。このとき、画像のサムネイルがあるかどうかによって、記事のイメージが一瞬で伝わることがある。文字だけだったらスルーしちゃっていた記事を拾えるようになるのだ。アイキャッチって大事だねー。この機能だけでも、Mr.Reederを使う価値があるかもしれない。

ツールバーの配置を変更できる

Mr.Readerは「記事間の移動」もしくは「記事から一覧への移動」するためのボタンの配置をユーザーが任意で決めることができる。

最初は画面下部にあるんだけど、左下のボタンを押すと、左側に移動する。さらに押すと、右側に移動する。

ツールバーの配置を変更する

例えば、電車内で右側面を持ってMr.Readerを使うことが多いのであれば、右側に配置すればよい。好みで変えられるのは便利だね。

あとで読む

Reederを使っていたときは、気になった記事をとにかくReadabilityに送ってから全文化して、必要な記事はさらにEvernoteに送る、という運用だった。

これが、Mr.Readerを使うとどうなるかというと、まず、気になった記事を開く。もし、部分配信だったら、好みの「あとで読む」サービスで開き直す。

あとで読むサービス

読んでみて、残しておきたい情報だなと思ったら、右上のボタンからEvernoteへ送る。Evernoteへ送るときは好きなノートブックとタグを選ぶことができる。これ、Reederではできないことね。例えば、iPhoneでいつでも見れるように「SmartEver」タグをつけておくなんてことが簡単にできる。いいね、便利だよ。

Evernoteにも連携できる

好きなサービスに連携できる

Mr.Readerはものすごい沢山のサービスと連携することができる。前述したEvernoteをはじめ、Facebook、Twitter、Readability、Instapaper、などなど。えっと、とにかく使ったこともないサービスも大量に設定できる。

様々なサービスと連携

表示される順番も、好みで並べ替えられる。いやー、本当に使う側のことをよく考えているアプリだね。

スクロールすると既読

Mr.Readerの面白い機能のひとつ。記事の一覧で、スクロールして画面範囲外になると既読扱いにすることができる。大量記事のタイトルをスクロールして読み流すと、自動的に既読になる。

スクロールで既読に

スクロールで既読になったからといって、いきなり一覧から消えることはないので、もう一度戻って読み返すことも可能。

ぐぐっと上に押し上げるとすべて既読

ばーっと一覧を流して一番下まで到達したら、一覧をぐぐっと上に押し上げる。すると、すべての記事を既読にすることができる。これができるなら、さっきのスクロールで既読の機能は使わないかなー。

すべて既読にできる

「ニョキ」っとボタンが便利

何て呼んだらよいのかわからなかったので、勝手に命名した。

記事を開いた状態で、画面右側から左へなぞると、「ニョキ」っとボタンが登場する。記事の移動、記事を閉じる、という操作ができるボタンだ。

「ニョキ」っとボタンはが便利

「ニョキ」っとボタンはなぞった位置に登場するので、その時の親指で簡単に操作できるという優れもの。ちなみに壇蜜さんの記事には特に意味はない。

これからはMr.Reader使いになる

しかしあれだ、Reederを使わなくなる日がくるとは思わなかったなー。あ、違うか。MacやiPhoneでは相変わらずReederだな。Mr.ReaderはiPad、iPad mini専用ね。

Mr. Reader 1.11.1(¥350)(記事公開時)
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする