iPhoneのホーム画面を整理して壁紙を楽しむ

ホーム画面にはアイコンを置かないようにして、壁紙を楽しもうという発想。

Iphone

Photo by William Hook



スポンサードリンク

壁紙で気分を変えてみる

この記事を読んで思い出した。そういえば、以前はホーム画面からアプリを一切排除して、壁紙を見えるようにして時期があったな、と。

iPhoneホーム画面にアイコンを置かない活用法。これで「名言実行」の壁紙が活きてくる。 | あなたのスイッチを押すブログ

日々、アプリを追加していくうちに、いつのまにかホーム画面はアイコンだらけとなっていった。もちろん、ホーム画面に置くのは「すぐにタップして使えるから便利!」という理由があるから。目的の作業をするために最小の手数を考えると、ホーム画面に置くのは定石だよね。通知センターから起動とか、ランチャーアプリを使うっていう手もあるけど、ホーム画面に置かれたアプリをタップするのが一番手軽だ。

けどね、そうなると壁紙が見えない。誰もが一度は壁紙は何にしようかな?って考えるよね。キレイな風景だったり、お気に入りのアニメの画像だったり。そのうち飽きちゃってなんでもいいやってなったりもするけど、それでもたまに壁紙を変えてみると、気分が変わる。なんならテンションが上がる場合も。

久しぶりにアプリを断捨離

ということで、気分を変えてみようかと思い、まずはアプリを整理することに。

じっくり落ち着いてみて見ると、いやー、使っていないアプリがたんまりと。日頃から不要なアプリはなるべく削除しているつもりだったけど、見直してみると残念ながら使わなくなったアプリがあるあるある。ダウンロードしてから1、2週間ぐらいたつと、徐々に使わなくなるっていうアプリが残りっぱなしになってたりするようだ。

2年前ぐらいに読んだ断捨離本に「とりあえず捨ててみて、また必要になったらそれは本当に必要なモノだから買い直せば良い。まずは捨ててみよう!」みたいなことが書いてあって、実践してみるとホントにそうなんだよなー。といっても、ご存知のとおり、iOSアプリは削除しても、何度もダウンロードできる仕組みになっているから、ガンガン削除できるね。

ホーム画面の壁紙がお目見え

シンプル過ぎだったらすいません。こういう感じが好きです。

ホーム画面からアプリを排除

ホーム画面にはアイコンを一切置かないようにして、すべて2画面以降に追いやった。ちなみにNewsstandが見当たらないことに気がついてくれたかな?こちらはナゼかアクセス数が多い記事なので、もし、読んでなかったら時間があるときにでも見てくれたらありがたい。特殊なフォルダであるNewsstandもアプリを使えばちょちょいのちょいっとフォルダに格納できちゃうのさ。ふふふ。

iOS6でNewsstandをフォルダに格納する超簡単な方法(脱獄なし) | UIA7

iPhoneを開いたときに、真っ先に壁紙が目に入るというのは、やっぱり新鮮だな。飽きちゃったら壁紙を切り替えればいいんだし。できるだけこの状態を保って、壁紙を楽しもうかと思う。

ホーム画面にはアイコンを置かないようにして、壁紙を楽しもうという発想。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする