iPhone,iPad,Macで写真や動画を転送するならPhotoSyncがオススメ

旅行といえば、写真やビデオカメラを持参して、旅の思い出を残すものですよね。私も先日の家族旅行では張り切ってデジタル一眼とiPhoneを持っていきました。

旅先で痛感したのはiPhoneの機動力。ナビ、写真、動画、ほんとに大活躍!iPhoneのおかげで、カメラロールの中にたくさんの思い出を記録することができました。

無事に帰宅して、さっそくパソコンやカミさんのiPhoneにも写真と動画をシェアしようとしたときのことです。

この大量の写真とファイルサイズが100Mオーバーの動画をどうやって渡せばよいの?

すぐに思いついたのはDropboxでした。試した結果、写真はなんとかなるものの、巨大な動画はどうにもうまくいかない。時間もかかるし、そもそもDropboxを経由させるなんてスマートじゃないなー。

ということで、PhotoSyncというファイル転送アプリを探し出したんです!このPhotoSyncのおかげで、数百枚の写真と合計500Mぐらいの動画をいとも簡単に転送することができました。PhotoSyncさえインストールされていればiPhone,iPad,Macの間で相互にファイルをやり取りできるなんて、すんばらしい!

使い方を簡単にご紹介するので、ぜひご一読ください。

Photosync

Photo by Tahmid Munaz™



スポンサードリンク

iPhoneからMacに転送してみる

さっそくですが、iPhoneのカメラロールにある写真と動画をMacに転送してみたいと思います。

iPhoneでPhotoSyncを起動すると、カメラロール内の写真が一覧表示されます。転送したい画像をタップして、右上の赤いボタンを押しましょう。

複数毎の写真を選択する場合は、開始位置でダブルタップ、終了位置でダブルタップすれば一気に選択できます。

IMG 5423 1

選択した画像を転送したいので「Sync Selected」を選びます。

IMG 5417

転送先のデバイスはCompterを選びました。転送先はiPhone、iPod、iPadだけでなく、Dropboxなどの各種クラウドサービスにも対応しています。

IMG 5418

すると、同じWifi環境内、もしくはBluetoothがオンになっているデバイスが一覧に表示されるので選択します。

IMG 5421

転送中は下記のような画面で進捗状況を教えてくれます。

IMG 5422

これで転送できるはずです。ちなみに爆速です。

先ほど、ちらっと書きましたが、転送先と転送元で

  • PhotoSyncが起動している。
  • 同じWifi環境下にいる、もしくは双方Bluetoothがオン。

という条件がありますのでご注意を。

設定を変更して使いやすくする

PhotoSyncでは写真を作成日の降順で一覧表示します。そして、転送するときも降順で転送してしまうので、時系列で転送したい場合はうまくいきません。

設定を変更すると転送時に昇順に変更できるので、変えておいたほうが良いでしょう。

設定変更するには、画面右下のボタンを押します。

IMG 5423 2

Expert Settingsを選びます。

IMG 5419 1

Transfer OrderのReverseをオンにしましょう。

IMG 5420

まとめ

iPhone,iPad,Macでファイルを転送するならPhotoSyncが便利です。大きなファイルでもらくらく転送可能!転送スピードもかなり速いです。

Bluetoothに対応しているので、旅先のその場で受け渡すこともできますね。よかったら使ってみてください。

iPhone、iPad用

PhotoSync - wirelessly transfers your photos and videos 1.7.1(¥170) (記事公開時)
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る

Mac用

PhotoSync - wirelessly transfers your photos an... 1.5.1(無料) (記事公開時)
カテゴリ: 写真, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする