私がReadabilityからiPhoneアプリPocketに移行したただ1つの理由

先日、安部川崎市長の意味不明な発言がTwitterで話題になったね。

そもそも放射性物質を気にしている人をバカにしすぎ。勝手に思うのは個人の自由だけど、公言するなんてホントに理解しがたい。

こういう不愉快なニュースも含めて、TwitterやRSSから色々な情報が流れてくるんだけど、気になったトピックスはクリッピングしておく習慣がついている。特に、ブログを書いている私にとってはネタが大切だから、重要な作業だ。

Readabilityに送って全文化して、Evernoteに送って保存する方法が今までの運用だったんだけど、今日からは"あとで読む"サービスの「Pocket」を取り入れることにした。

理由はただ1つ。

Pocket

Photo by WexDub



スポンサードリンク

Readabilityが使えない

突然、Readabilityが使えなくなった。正常にログインできているはずなんだけど、更新しにいくとずーっと更新中のままになる。何回もアプリを再起動したけど、だめだった。勝手にログアウトされる現象もあったり、以前から不安定な部分はあったんだよね。

今回はReadabilityに送った記事が読み込めないんだから、どうしようもない。もう使うのやーめた。

Pocketを復活させる

Pocket (Formerly Read It Later) 4.1.3(無料) (記事公開時)
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

Readabilityに代わる「あとで読む」サービスっていったらPocket。以前、PocketからReadabilityに鞍替えしたときと逆行しているわけだ。

ReederとReadabilityの相性が良すぎて感動したよ! | UIA7

Pocketは私のiPhoneからはすでに削除済みだったので、再インストールした。初回起動時にはPocketを活用するヒントをレクチャーしてくれる。

Pocketを有効活用するための機能

まずは、送信用のブックマークレット。ネットサーフィンしていて気になった記事は、あらかじめ登録しておいたブックマークレットを起動すれば一発でPocketに送信できる。

IMG 5864

次に、TwitterクライアントアプリのTweetbot。TweetbotにはPocketとの連携機能がある。ツイートに含まれるリンク先の内容をPocketに送ることができる。

IMG 5865

最後に、RSSリーダーのReeder。このアプリにもPocketとの連携機能が備わっている。部分配信された記事でもPocketに送れば全文化される。

IMG 5866

Tweetbotの設定

Tweetbotの設定画面を開いて、あとで読むをタップ。

IMG 5868

Pocketに変更する。ログインされていなければ、このタイミングで認証が要求される。

IMG 5869

Reederの設定

Reederの設定画面を開いて、Pocketをタップする。

IMG 5870

「Sign in…」をタップして認証するだけ。

IMG 5871

Reederは一覧画面でフリックすると「あとで読む」に送信する機能があるので、左フリックにPocketを割り当てておくと捗る。

ブラウザの設定

ブラウザからPocketに送信するためのブックマークレットを登録する。ブックマークレットの作り方はPocketのヘルプにちゃんと用意されている。

IMG 5875 1

「How To Save」をタップ。

IMG 5876

いくつかトピックスがある中で、「Form Mobile Safari」というセクションがあるので、「Install」をタップする。

IMG 5877

Safariが起動するので、「Let's do it!」をタップ。

IMG 5878

開いたページをブックマークする。丁寧に3ステップを説明してくれている。

IMG 5879

Safariのメニューから「ブックマークに追加」を選択。

IMG 5880

そのまま保存する。

IMG 5881

ブックマークレットが追加された。あとは、Pocketにクリップしておきたいページを開いた状態でこのブックマークを起動するだけでOK。

IMG 5882

これでSafariにブックマークレットが登録できたわけだが、ブックマークレットに対応しているブラウザに登録すればもちろん動作する。ちなみに、私はSleipnirを愛用しているので、Sleipnirに登録し直した。

Sleipnir Mobile Black Edition - Web ブラウザ 2.0(¥600) (記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

パソコンのブラウザの設定

Pocketはパソコンのブラウザから利用できる。閲覧はもちろん、開いているページをPocketに送るための拡張機能も用意されている。

Sc1

iPhoneアプリと同様に、Helpを開く。画面下部のBrowser Extensionsをクリック。

Sc2

今回はChromeのExtensionをインストールする。もちろん、Safariでも拡張機能は用意されているのでご安心を。

Sc3

「click here」をクリックする。

Sc4

Chromeのウェブストアに移動するので「Chromeに追加」を押す。

Sc5

ブラウザの右上あたりにPocketのボタンが追加されるので押して、認証しよう。

Sc6

ログインしたら、好きなページを開いてもう一度Pocketボタンを押せば、Pocketに送信されるはずだ。

Pocketで記事を読む

他のアプリから送られた記事は、このように一覧表示される。サムネイル付きで見やすい。

IMG 5872

記事を開くと、こんな感じ。

IMG 5873

Pocketが素晴らしいのは、記事をものすごくきれいに見せてくれるところ。

大きな画像も画面幅に合わせて最適化されるので見やすい。実はこれができてないアプリって案外多い。元画像をそのまま表示しちゃって画面から大きくはみ出したりね。

PocketのURLスキーム

Quicka 1.6(¥85) (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る

もし、ランチャーアプリを使っているならPocketはホーム画面に置く必要がない。URLスキームに対応しているからだ。

pocket://

私は愛用しているQuickaに登録したので、Pocket本体はフォルダの中にそっとしまうことにした。Quicka使いだしてからというもの、ホーム画面が片付くので大変嬉しい。

IMG 5874

Evernoteに送る

PocketからEvernoteに送信することもできる。記事を開いた状態でメニューを呼び出してEvernoteをタップ。

IMG 5884

タイトルとタグを指定できるんだが、残念ながらノートブックを選択できない。しかもタグは毎回入力する必要があるので使い勝手としては微妙だ。

IMG 5886

まとめ

Readabilityに不満がある人はPocketを検討してみてほしい。ウェブクリップが目的であれば最適なアプリ。こんなに素晴らしいサービスなのに無料で使えるなんて!

Pocket (Formerly Read It Later) 4.1.3(無料) (記事公開時)
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする