Softbankとauが発表したiPhone5の料金プランを比較してみた

これまで何度もキャリアを変えてきたけど、Softbankにしたのは最初にiPhoneを取り扱ってたから。「つながりにくい」という定評があったから不安だったけど、割と不自由してない。

けど、iPhone5の登場でまた選択を迫られている。

iPhone5が魅力的なことは言うまでもないが、固定費を抑えたいのは当然のこと。なので、auとSoftbankが具体的にどんな料金プランとキャンペーンを打ち出すかによってMNPも十分ありえる。

さて、どちらにすべきか?

Iphone5

スポンサードリンク

au料金プラン

Sc9

各月のデータ通信量が7GBを超えた場合には、通信速度が128Kbpsに制限される。別途、「エクストラオプション」を申し込むと、通信速度の制限がなくなる。(7GB超過後、2GBごとに2,625円 (税込) がかかる。)

さらに、テザリングするためにはオプションを申し込んで、別途525円かかる。

端末代は

iPhone5は希望小売価格として、16GBモデルが実質0円、32GBモデルが実質10,320 円、64GBモデルが20,640円となります。お客さまは本日より全国の auショップ、PiPit、au取扱い店にて予約の受付を開始します。

ということで、端末代は割賦にしたら毎月割で相殺ってことかな?(追記:16GBの端末でMNPすれば0円。機種代金)

ここまでで、

980円 + 315円 + 5,985円 + 525円 = 7,805円

割引を考慮する

まず、テザリングオプションは2年間無料キャンペーンがある。

さらに、auへMNPした場合、女子割(男子割もある)というものがあって980円割引される。

KDDI、沖縄セルラーはMNPを利用してご契約と同時に「誰でも割」または「スマイルハート割引」と「ISフラット」にお申し込みいただいたお客さまを対象に、auスマートフォンのご利用料金から最大24ヶ月間、毎月980円 (税込) を割り引く「乗りかえ割引キャンペーン」を実施しています。

もうひとつ、LTEフラットキャンペーンなるものが適用できるので、LTEフラットが525円割引される。

ということは、MNPしたとすると、

(980円 - 980円) + 315円 + (5,985円 - 525円) + (525円 - 525円) = 5,775円

もし、auスマートバリューが適用できればさらにお安くなる。

Sofbank料金プラン

一方、Softbankは、

Sc2

16GBだと、

980円 + 315円 + 5,460円 = 6,755円

端末代を割賦にした場合は、月々割で相殺。

割引を考慮する

Twitterで孫さんが古い機種から移行を促すキャンペーンをやりそうな発言をしていたけど、

Sc3

MNPなら自分のホワイトプラン(i)が2年間無料。

もしくは、iPhone4、4Sから機種変更した場合は、自分ではなく家族のホワイトプラン(i)が2年間無料になると。ということは、カミさんと同時に機種変更すればいいのか?

(980円 - 980円) + 315円 + 5,460円 = 5,755円

ってことか。

まとめ

5,985円と5,755円ならどっちもどっちな気がするけど、auならテザリングできるのか。

追記:5,460円と5,755円ならauのほうがいいな。テザリングのおまけつきだし。

けど、SoftbankからauへMNPだったら、契約解除料9,975円を考慮しないとな。

ということで、まだ決めかねているところなり。

追記:ソフトバンクは端末の下取りキャンペーンを9月21日からはじめる。ちなみにヤフオクの相場と比べるとかなり安い。

ソフトバンク、iPhone 4/4SからiPhone 5へ機種変更時の下取りプログラムを9/21から開始。 - iPhoneアプリのAppBank
した ...

こちらの記事もどうぞ

au版iPhone5でデータ通信量が7GBを超えた場合は通信制限されるようなので、普段の通信量を確認してみた | UIA7


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする