iPhone5のLightningケーブルは認証機能が強化されているらしい

iPhone5といえば、Dockコネクタの形状変更とLightningケーブルが話題になったよね。コネクタは小さくなったし、どちらの向きでも差し込めるのは嬉しい。

ただね、現時点だと結構品薄で手に入りにくい。

発売されて間もないから、まだサードパーティ製のケーブルが出回ってない。っていうかそもそも発売されるのかね?

私は知らなかったんだけど、Lightningケーブルの中にはAppleがチップを埋め込んでいるらしく、正しい認証を行わなければ、正常に充電できない可能性があるらしいのだ。

Lightning

Photo by veggiefrog



スポンサードリンク

Lightningケーブルは認証用のチップ入り

実はこの認証チップ、iPhone4Sのコネクタにも組み込まれていた。

目的はやはり認証のためで、iPhoneに適していない製品を接続した場合に事故を起こさないためでもある。あとは、Apple純正品・Appleの規格に適合する製品の模造品が流通することを防ぐため。

だから、サードバーティ製の製品はAppleから認定されたモノを使わないと、何が起きても保証できないってことだね。

他社製のケーブルは発売されないのか?

認証チップはiPhone5になってより堅固になっているらしいが、だからといって、サードパーティ製のケーブルが発売されないということではない。

メーカーがきちんとAppleから適正を認可されて「Made for iPhone」というロゴを獲得すればよい。「Made for iPhone Program」に参加すれば開発・検証に必要なサポートも受けられるとのことなので、まあ、通常は参加必須なんだろうね。

まとめ

結局、サードパーティ製のケーブルが登場するのは時間の問題。もう少し落ち着けばドンドン店頭に並ぶよ、きっと。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする