OS X Mountain Lionが初アップデート!安定性や互換性が向上

米AppleがOS X Mountain Lionのアップデートをリリースしましたよ!7月25日にリリースされて以来、はじめてのアップデートです。

OS X アップデート10.8.1は、安定性や互換性を向上させてくれます。OS X Mountain Lionユーザーは速攻でアップデートさせましょう。

MacのノートブックでOS X Mountain Lionにすると、バッテリーの駆動時間が悪くなったという報告があるようですが、今回のアップデートにバッテリー関連の対応は含まれていないようです。

Mountain lion

Photo by CaliforniaDFG



スポンサードリンク

アップデート内容

OS X アップデート 10.8.1は以下の問題に対する修正が含まれます。

  • 「移動アシスタント」が予期せず終了する問題
  • iMessageでメッセージを送信できない問題
  • Thunderboltディスプレイでオーディオを再生する際の問題
  • ピンイン入力使用中にシステムが応答しなくなる問題
  • ロングネームでSMBサーバに接続する際の問題
  • SafariでProxy Automatic Configuration (PAC)ファイルを用いた際に起動できない問題

その他、メールでMicrosoft Exchangeサーバに接続する際の互換性が向上してます。

バッテリー問題が解決していないというのが気になるところですが、今後のアップデートで対応されるのでしょうか?個人的にはバッテリーの駆動時間が悪くなった印象はないんですけどねー。

アップデートの手順

App Storeから簡単にアップデートできます。

Sc1

「Agree」を押せばインストールが始まります。ちなみに再起動が必要です。

Sc2

アップデート自体は数分で終わっちゃいます。あっけないものです。

まとめ

OS X Mountain Lionユーザの方は10.8.1にアップデートしましょう。様々な不具合の修正により安定性と互換性が向上します。

OS X Mountain Lion 10.8.1(¥1,700)(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

関連する記事もどうぞ

OS X Mountain Lionが米国時間7月25日にリリースされます | UIA7

OS X Mountain Lionをクリーンインストールしたよ | UIA7


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする