Macbookを閉じてもスリープさせない方法

いやー、もっと早く調べておけばよかった。できないものなのかと思い込んでいたよ。Macbookを閉じてもスリープさせない方法。

sleep

Photo by pjhunter



スポンサードリンク

Macbook ProとAppleTVの組み合わせ

ノートパソコンは閉じればスリープするよね、普通は。けど、この挙動が不便に感じる場面があってね。

もう結構経つけど、以前のエントリでAppleTVを購入したことを書いた。

テレビ好きなMacユーザはAppleTVを手に入れよう!RipItとの組み合わせは最強だぞ | UIA7

魔法の箱と揶揄されるAppleTVはそれはそれは良い買い物だったと今でも思うんだけど、ちょっとイマイチだった点もある。

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

ウチのiTunesの母艦はMacbook Proなので、iTunesの動画や音楽をテレビで流すためにはMacを起動しておかないといけない。なので、動画を見ようと思ったときはMacを起動しにいって、テレビとAppleTVを起動してという流れになる。

不便だなと感じたのは、Macbookを閉じてスリープしちゃうとAppleTVとの接続も切れちゃうこと。つまり、AppleTVで動画を見たいときはMacbookも広げておかないといけない。

これを嫌って、最近はiPad miniに動画や音楽コンテンツを移動してAirPlayで流していたんだけどね。

Macbookを閉じてもスリープさせない

だったら「閉じてもスリープさせない」設定にすればいい、という発想が当初の自分になかったのが残念な感じ。

設定でできるものかと思いきや、アプリが必要なのね。

とりあえず「InsomniaX」というアプリを使うことにした。

InsomnaX

上記のサイトからダウンロードして、インストール。あとは、下のスクリーンショットのように「Disable Lid Sleep」にチェックを入れる。

DisableLidSleep

はい、たったこれだけ。

これで、Macbookを閉じてもスリープしない。バッテリーが気にしながらになるけど、基本的にはこれで常時起動させておこうかな。

あれ、これってそもそも、Mac miniとかProを買えば?ってことかね。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする