Markdownが使える快適なエディターを探しております

最近のマイブームはMarkdown記法。マニアックですいません。

Markdown

Photo by [Spondicious](http://www.flickr.com/photos/wizardgold/)



スポンサードリンク

効率良く物書きしたい

物書きっていっても、たかがブログの記事なんだけどね。なるべく生産性を上げたいと思うのは職業病かもしれない。

記事を書く時はTextExpanderが手放せない。リッチエディタで自動でHTMLが挿入されるのがどうも好きになれないので、プレーンなエディタでタグを補完してもらうスタイル。

TextExpander 2.0.1(¥450) (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

TextExpanderが神なのは間違いないが、最近興味を持ち始めたMarkdownという記法を使うとTextExpanderに頼らなくてもよいかもしれない。

Markdownに適したエディタ

まず、普段使っているPosterというブログエディタはMarkdownを強く意識して作られている。

Poster - a WordPress blog editor 2.1(¥250)(記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る

Posterは補助キーボードがついているのだが、HTML用とMarkdown用に切り替えられる。なので、iPhoneやiPadのソフトウェアキーボードを使う場合、記号を入力するためにキーボードを切り替えなくてもよい。これ非常に重要。

次に、リアルタイムではないが、ワンタッチでプレビューが見れる。

もし、リアルタイムプレビューにこだわるならMarkdownに特化したMarkNoteというアプリを使ってみると幸せになれるかもしれない。

MarkNote - Markdown editor with live preview 1.3.2(¥250)(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る

すぐにプレビューが見れるのは快適だね。

MarkNote

ただ、縦向きにするとプレビューモード固定になってしまうのと、フォントは選べるのにサイズが変更できない。気にならないぜ!という方はどうぞお試しあれ。

最後に、HTMLに自動変換できること。Markdownのままポストして、Wordpressのプラグインでごにょごにょできるようだけど、過去記事がどうにかなっちゃったら怖いので、送信側で変換してくれたほうがありがたい。

結局今のところPosterが一番使いやすいのだが、

  • Markdown補助キーボードがある
  • 簡単にプレビューが見れる
  • HTMLや他の形式に変換できる
  • フォントサイズが変えられる

これらの条件を満たせる汎用エディタを物色しようかと思う。DraftsやDraftPadも試してみるかな。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする