OS X Mountain Lion 開発元が未確認のため開けませんって?

7月25日にリリースされたOS X Mountain Lionですが、リリース後、4日間で300万ダウンロードを達成しました。アップルいわく「Appleの歴史の中で最も成功したOS Xのリリース」とのこと。

OS X Lionと比較すると、インターフェースはさほど変わっていないので操作に戸惑うことはほとんどありません。非常に快適に使っております。

しかし、愛用しているアプリをインストールし直そうとしたところ、「開発元が未確認のため開けません」って警告されちゃって、どうしたらいいのさー!と嘆いていました。

OS X Mountain Lionではセキュリティの観点から、AppStore経由じゃないアプリには警告を出す設定をもうけたんですね。知らなかったのでビックリしちゃいましたよ。

ということで、「開発元が未確認のため開けません」と警告された場合の対処方法をご紹介します。

スクリーンショット 2012 08 01 19 00 36

スポンサードリンク

まず、状況としては、AppStoreで販売されていないアプリをダウンロードして、インストールしようとすると、下のように「開発元が未確認のために開けません」っていう警告のために、続行できないというものです。

スクリーンショット 2012 08 01 18 20 50

設定を変更しない方法

解決するために、手っ取り早いのはFinderでアプリを開くやり方です。右クリックして「開く」を選択します。

スクリーンショット 2012 08 01 19 16 40

すると、「未確認だけど開いちゃう?」と確認されます。「開く」を押しましょう。

スクリーンショット 2012 08 01 19 19 03

これで、アプリをインストールすることができます。簡単ですね。

こんなことに1時間以上も悩んでしまったことが悔やまれます。

設定を変更する

さて、もうひとつの方法は、セキュリティの設定を変更するという方法。以前のOS X Lionと同様に警告なしでインストールできるようになります。

システム環境設定を選びましょう。

スクリーンショット 2012 08 01 18 20 09

「セキュリティとプライバシー」を選択します。

スクリーンショット 2012 08 01 18 21 51

不用意に変更されないようにロックされているので解除します。左下のカギマークをクリックします。

スクリーンショット 2012 08 01 18 22 05

「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を「すべてのアプリケーションを許可」にします。

スクリーンショット 2012 08 01 18 22 29

「ホントにいいの?」と確認されるので「すべてのアプリケーションを許可」をクリックしましょう。

スクリーンショット 2012 08 01 18 22 34

はい。これで無事に問題解決するはずです。

ただ、警告にもあるとおり、セキュリティ的にはレベルが下がってしまいます。インストールするアプリは十分に確認した上、自己責任で作業しましょう。

まとめ

OS X Mountain LionでAppStoreをとおさないアプリをインストールする場合は「開発元が未確認のため開けません」という警告が表示されます。Finderから開くか、セキュリティの設定を変更しましょう。

Macユーザが年々増えてきたこともあり、Macはウィルスに感染しないという都市伝説はもうなくなりました。Appleもそのあたりを見据えてOSレベルでのセキュリティ強化につとめているのでしょうね。

OS X Mountain Lion 10.8.2(¥1,700) (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする