[Mountain Lion]メモをiPhoneとMacで同期してみた

買い物メモや、企画書のアイデアなどを即座に記録したいなら、いつも手元にあるiPhoneが大活躍します。その場で、すぐに記録できるというのは大変心強いもので、iPhoneを購入してからというもの、私はメモ魔になりました。

そんなメモ魔に朗報が。

「OS X Mountain Lion」の新機能としてメモというアプリが追加されました。iPhoneではおなじみのアプリですね。

このメモはiCloudを通して同期できるという特徴があります。Macにもメモが追加されたことによって、MacとiPhoneでも同期が可能になったということです。

「iCloudが利用できるデバイス間」という制限があるものの、パソコンでもiPhoneでも同じ内容のメモを使えるというのは便利に違いない!ということで、さっそく設定してみましたよ。

スクリーンショット 2012 07 28 12 21 27

スポンサードリンク

iPhoneのアカウント設定

まずは、iCloudを設定します。設定 -> iCloudを選びましょう。

2012 07 28 10 51 15

Apple Idでサインインをします。

2012 07 28 10 51 20

結合しますよーって注意してくれます。結合をタップ。

2012 07 28 10 51 42

そうすると、iCloudを使うアプリの一覧がでてきます。メモををオンにしましょう。

2012 07 28 11 01 26

@me.comのメールアドレスが必要といわれるので「作成」をタップします。

2012 07 28 11 01 34

iCound用のメールアドレスを決めましょう。

2012 07 28 11 01 56

以上でiPhoneの設定は終了です。

注意:私の場合は、ここまで設定した後、なぜかメモがオフの状態になっていました。もう一度、設定画面を開いてオンにすれば問題ありません。

Macの設定

次にMacのiCloudアカウントを設定しましょう。メモアプリを起動して、メモ -> アカウントを選択します。

スクリーンショット 2012 07 28 11 24 45

アカウントの設定画面でiCloudを選びましょう。

スクリーンショット 2012 07 28 11 04 42

アプリの一覧が表示されるので、メモにチェックを入れましょう。すると、先ほどのiPhoneの設定と同様にダイアログが表示されるので、結合を押します。

スクリーンショット 2012 07 28 11 04 58

これですべての設定が完了しました。

メモを同期してみる

メモが同期されたか確認してみます。Macで入力した「テスト」というメモをiPhoneで見てみると、、、おお、同期されています!

では、iPhoneでメモを追加します。

2012 07 28 11 10 38

Macのメモをみると、即座に反映されました!

スクリーンショット 2012 07 28 11 12 12

まとめ

「OS X Mountain Lion」のリリースにともない、「メモ」アプリが追加されました。iPhone、iPadなどのiCloud上のデバイス間で同期することができます。

EvernoteやDropboxなどのクラウドサービスと比較すると、多少見劣りしますが、手軽さで評価したらNo1です。単純な「メモ」という機能に特化してシンプルであるからこそ、使いやすいんです。

OS X Mountain Lion 10.8(¥1,700)

カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥1,700(サイズ: 4,348.2 MB)
販売元: Apple – iTunes K.K.
リリース日: 2012/07/25
現在のバージョンの評価: (310件の評価)
全てのバージョンの評価: (310件の評価)
App


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする