OS X Mountain Lionをクリーンインストールしたよ

ようやくリリースされた「OS X Mountain Lion」をインストールディスクなしでクリーンインストールしたので手順をご紹介します。

クリーンインストールのやり方としてはインストールディスクを何か別の媒体(HDD、DVD)に作成する方法が基本ですが、Lion以降であればインストールディスクを作らずにインストールすることができます。実は外付けのHDDを持っているのでそれを使ってもよかったのですが、初期化されてしまうらしいのでやめました。

これから「OS X Mountain Lion」をクリーンインストールしようとしている方はぜひ参考にしてくださいな。

Lion

スポンサードリンク

インストール手順

作業は以下の手順を踏みます。

  • インストール
  • ディスク初期化
  • 再インストール

Mountain Lionをインストールすると「Recovery HD領域」が作成されます。この「Recovery HD領域」から起動すると、OSをインストールしたディスクを初期化してもう一度インストールすることができるんですね。

ちなみに、作業中はインターネットに接続できる状態にしておく必要がありますのでご注意を。無線LANの方は再設定する場面があります。もし面倒なら一時的に有線にしてもよいかもしれません。

まずはインストール

普通にAppStoreから「OS X Mountain Lion」をインストールします。私の環境ではダウンロードに30分、インストールに30分程度でした。

無事にインストールを終えるた状態は上書きインストールされたことになるので、今まで使っていたアプリや環境が残っているはずです。

ディスクユーティリティから初期化

次に、インストール先のディスクを初期化します。

再起動して「command + R」を押しっぱなしにすると「Recovery HD」から起動させることができます。ディスクユーティリティを使ってOSのインストール先のディスクを消去して初期化しましょう。

スクリーンショット 2012 07 26 8 06 56

もう一度インストール

ディスクユーティリティを終了させると、OSを再インストールするメニューがあるので実行します。後は、先ほど行ったインストールと同じ作業です。

はい、これでとってもキレイな状態で「OS X Mountain Lion」がインストールされました!

まとめ

「OS X Mountain Lion」はインストールディスクがなくてもクリーンインストールできます。

インストール自体は2回やる必要があるので多少手間ですが、別途媒体は必要ありません。30分程度の時間が余計にとれるのであればオススメです。

確かに、上書きインストールなら手間いらずでもっと簡単なんです。

けど、「上書き」っていうのがなんだか気持ちが悪いし、インストールしたけど使っていないアプリがあったりするのでこれを機会にキレイにしたいな、と。

アプリも再インストールして設定しないといけませんが、そういった作業も含めて楽しめる私は変態なのかもしれません。

OS X Mountain Lion 10.8(¥1,700)

カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥1,700(サイズ: 4,348.2 MB)
販売元: Apple - iTunes K.K.
リリース日: 2012/07/25
現在のバージョンの評価: (310件の評価)
全てのバージョンの評価: (310件の評価)
App


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする