ブロガー必携!Reduceでファイルサイズを小さくしよう!

Reduceは画像ファイルをリサイズ、圧縮できるアプリ。iPad miniだけでこんなことまでできるんだね〜。

Reduceを使って軽さを手に入れる

スポンサードリンク

軽いのは正義

「軽い」とか「速い」というワードに弱い。

私はまだまだブロガーとしては半人前で、日々勉強な毎日なわけだが、著名なブロガーさんたちはきめ細やかなところまでの配慮を怠らない。ページが表示される速度が遅いと離脱率に影響がでるため、ブログに掲載する画像サイズも気にしているんだと。

未熟な私はこれまでそんなこと気にしたこともなかったけど、画像が多ければ表示速度に影響あるし、なるべくサイズを小さくするように努めるべきなのかな、と。

というのも、iPad miniでも簡単に画像をリサイズして軽量化してくれるという「Reduce」というアプリの存在を知ったからなんだけどね。

Reduceでリサイズ&圧縮

Reduceの使い方は実に簡単。対象の画像を選択して「Start」ボタンを押すだけ。

Reduceを使ってみる

Exif Data

オフにすると、不要なExif情報を除去することができる。私がReduceを使う機会は取り急ぎはブログのためなので、Exif Dataは削除しておきたい。非常にありがたい機能だ。

File Size

画像のサイズを指定する際に、ファイルサイズを指定する、もしくは、JPEGの画質で指定できる。例えば、ファイルサイズを最小の50KBにすると、ファイルサイズが小さくなって嬉しいけど、画質はかなり落ちる。細かい部分もみせたい場合はあまりサイズを落とさない方がいい。扱う画像によって調整する必要がありそうだ。

なお、選択した画像の右上に出ている虫眼鏡マークをタップすると、プレビューが見れるので活用したい。

Sharpening

画質を落とすと、ぼやけた画像になりがちなので「HI」の設定にする。

Pixcel Size

その時の状況で変える必要があるけど、このブログで使う画像は横幅480pxにしている。

Kilobyte Limit or Jpeg Quality

File Sizeの設定によってKB、またはJPEGの圧縮率を指定する。ゲージを左にすればファイルサイズを落とせるが、画像が粗くなる。ちょうど良い塩梅を見つけないとな。

威力のほどは?

表示スピードが速くなったかどうかは分からないけど、今回の記事に使っているアイキャッチ画像は、元が442.98KBだったのを、38.74KBまで落としてみた。見比べちゃうと粗いのがわかるけど、このぐらいなら問題ないかな。少しでも速く表示されるほうが嬉しい。

Reduceは有料アプリだけど、利用頻度が高いのでよしとしようか。

Reduce - Batch Resize Images and Photos for iPhone & iPad 1.1.1(¥170)(記事公開時)
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る

ちなみに、ファイルサイズの確認は「Private Photo」というアプリを使ってみた。もうちょっと手軽に確認できる方法ないかなぁ。調べてみるか。

Private Photo 4.2.3(無料)(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 写真/ビデオ
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする