SmartEverとQuickEver Clipの連携が便利すぎる

RSSやTwitter、もしくはネットサーフィンしていて気になった情報は、大抵Evernoteに保存しておくことにしています。どういう運用かというと、

RSS、Twitter、ブラウザ -> QuickEver Clip -> Evernote -> SmartEver

という流れ。最近手に入れた「QuickEver Clip」を使った上記の運用が私の中でお気に入りです。必要な情報が一カ所に集まる、手軽に参照できて、不要な情報はいつでも除外できる。快適なクリッピングライフなんですよ〜。

Evernote

Photo by AhBook



スポンサードリンク

Reederからの流れ

超有名RSSリーダーのReederを起点としてクリッピングする場合です。

Reederは記事を開いて、右下の矢印ボタンを押すと様々なアクションのメニューが表示されます。メニューの中に「Copy Link」というのがあります。「Copy Link」を押すと、対象記事のURLがクリップボードにコピーされます。

IMG 5656

そして、画面上部から下に向けてぬるっとスワイプ。通知センターのメニューからQuickEver Clipを選んで起動します。

IMG 5657

先ほどのURL先を読み込んでくれるので、Evernoteへ送信!

IMG 5658

SmartEverを開いてみると、先ほどの記事があるはずです。

不要になったらSmartEverで削除しますが、SmartEverの削除というのはタグの削除であることにご注意を。ノートは削除されずに残っています。

もし、もう一度見たい場合はEvernoteを直接参照するか、TagEverでSmartEverタグをもう一度つければ復活します。

Evernoteアプリに革命を起こす「SmartEver」登場! | UIA7

Twitterからの流れ

お次はTwitter。Tweetbotの例になります。

ツイート中に含まれるリンクを長押しするとメニューが出てきます。「URLをコピー」をタップしてコピーします。あとは先ほどと同じで、QuickEver Clipを使ってEvernoteに保存します。

IMG 5661

ちなみに、QuickEver Clipは保存先のノートブックとタグを指定したほうがよいです。私は「クリップ」というノートブックに「SmartEver」タグをつけるようにしています。

QuickEver Clipの設定は、以下の記事も参考にしてください。

これはすごい!Evernoteへのクリップ作業が捗るQuickEver Clipの使い方 | UIA7

ブラウザからの流れ

ブラウザからについては、Safariでも他のブラウザアプリでも、参照しているページのURLは簡単にコピーできると思います。

Sleipnirの場合はこのようなメニューに「コピー」とあります。

コピーしたあとの流れは他と同様です。

IMG 5662

つまり、情報元のアプリは違っても、URLさえコピーしてしまえば同じ作業でEvernoteに集約できるってことです。すこぶる簡単。

まとめ

クリップしておきたいURLをコピー、QuickEver ClipでEvernoteに保存、SmartEverで閲覧する。スマートな情報収集方法なのでオススメですよー。

ワンタッチでEvernoteにクリップ - QuickEver Clip 1.0(¥170) (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る
SmartEver 1.1.1(¥85) (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る
Reeder 3.0.3(¥250) (記事公開時)
カテゴリ: ニュース
AppStoreで詳細を見る
Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPhone) 2.4.2(¥250) (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
AppStoreで詳細を見る
Sleipnir Mobile Black Edition - Web ブラウザ 2.0(¥600) (記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
AppStoreで詳細を見る
TagEver - Evernoteのタグを自由に操作 1.0.1(¥170) (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする