ソフトバンクの「下取りプログラム」を利用するための手順まとめ

iPhone5の発売日ということで、私のTLはお祭り騒ぎ。

そりゃまあ、そうでしょう。みんなあれだけ待ちこがれたiPhone5だからね。アップル銀座前には700人以上の人が並んだっていうし。もちろん徹夜組もいたんだろうね、お疲れさまでした。

さて、ソフトバンクでiPhone5を購入するなら「下取りプログラム」を利用する人も多いと思いますが、手順も含めてまとめてみたよ。

Sc1

スポンサードリンク

ソフトバンクの「下取りプログラム」とは

「下取りプログラム」は、当然ながら、新規または機種変更でiPhone5を購入する人を対象に、古い機種を以下の金額で買い取ってくれる。

Sb

ただし、その場で現金買い取りではなく、月々の請求金額から差し引かれるというなんともアレな規約。iPhone4S(64GB)を下取りに出すと、20ヶ月のあいだは毎月1,000円割引されるということだ。

下取りの手順

では、実際に下取りを出すまでの手順は

  1. 自分で旧機種のデータをバックアップ。
  2. 自分でデータを初期化。
  3. 新規・機種変更でiPhone5を購入。
  4. ソフトバンクショップに持ち込んで手続き。

手続き完了後、後日SMSにて連絡がくる。以後、毎月の請求金額から割引が開始されるということだ。

以下の点にも注意が必要。

  • 下取りには付属品などは不要で、本体のみでよい。
  • 下取りに出した旧機種は返却できない。
  • 液晶が割れていたり、損傷が激しいものは断られる可能性あり。詳細はこちら

量販店だと、チェックが厳しくて減額される場合もあるようだし、なによりお手軽だよね。ヤフオクで頑張れば、もっと高く売れるんだろうか。

追記:古物商の許可を受けているグループ会社のソフトバンクテレコムへ送る方法に変更になったそうです。

参考

スマホ下取りプログラム:キャンペーン情報 | ソフトバンクモバイル


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

None Found

この記事をシェアする