TweetBotで拾ってReederで読むという連携が素晴らしい

Twitterでフォローするユーザーが増えてくると次第にタイムラインの流れも速くなっていきます。そんな中、気になるつぶやきを見つけて、しかもリンクが貼ってある場合、あなたはどうしていますか?

もちろんそのままリンクをタップしてしばらく待てば、内容を参照することができます。けど、タイムラインを読むという作業が中断されてしまうんですよね。しかもその都度ネットにつないでダウンロードしにいくので、体感速度的にもあまりよろしくありません。

Tweetbot

スポンサードリンク

TweetbotとReederを連携させる

私にとってTweetbot、Reederはドック入りしているまさに神アプリなんですが、この二つのアプリを連携させることでタイムラインを読む作業がとっても楽になるんです。

Tweetbotには「あとで読む」機能があります。公式アプリにはない機能ですが、これができるのとできないのでは作業効率に雲泥の差があります。

「あとで読む」設定はいくつか選択肢があるのですが、もしあなたがReederを使っているのなら迷わずReadabilityにするべきです。

Readabilityに一旦送る

TweetbotからReadabilityに送ると、仮に部分配信されているページだったとしても全文読み込んでくれます。画像も適当にダウンロードされますが、基本的には文字列の情報が主体となり、余計な広告も目に入りにくく読みやすくなります。Readabilitityに送る操作をした後は継続してタイムラインを読むことができます。

Reederで読む

ReederはReadabilityに送り込まれた情報をRSS配信された記事と同様に扱うことができます。つまり、Tweetbotから送られたリンク先の内容をすべて展開した形式でじっくり読めるんです。既読の管理もできるし、スターをつけることもできる。Reederってスバラシイ。

Tweetbotの設定

それではTweetbotの設定です。設定 -> アカウント設定から

設定1

あとで読むを選択。

設定2

Readabilityを選ぶ。

設定3

あとは対象のリンクを長押しすればメニューが出てくるので「Readabilityに送信」を押せばOK。

あとで読む

とても簡単な設定ですよね。

ちなみに、ReederとReadabilityについては過去記事を読んでください。

ReederとReadabilityの相性が良すぎて感動したよ! | UIA7



まとめ

Twitterのタイムラインを読んでいるとき、気になったリンクはあとで読むようにすると捗ります。TweetbotとReadablity、さらにはReederを連携させれば快適な「あとで読む」環境が手に入るんです。

今回登場したアプリはこちら。

Twitterクライアントの決定版

Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPhone) 2.4.2(¥250) (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
AppStoreで詳細を見る

無敵のRSSクライアント

Reeder 3.0.3(¥250) (記事公開時)
カテゴリ: ニュース
AppStoreで詳細を見る

スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする