あなたのブログは大丈夫?大切なブログの情報はBackWPupでバックアップをとっておこう

チリもつもればなんとやらで、このブログの記事数も着々と増えている。

これまでは無頓着だったんだけど、そろそろバックアップをとろうかと。ええ、そうそう、初めてのバックアップだよ。

どっかのレンタルサーバーみたいに、いつデータが飛んじゃうか分からないんだから、管理者としては当然のことなんだよね。今までやってなかったけど。w

最初はデータベースのバックアップをとるプラグイン「WP-DBManager」で手動でとっておけばいいかなと思ったんだけど、せっかくカスタマイズしたテーマは救えない。

なので、さらに調べて見つけた「BackWPup」というプラグイン!こいつならWordpress関連の情報もまとめてバックアップしてくれる上に、スケジューリングで自動化してくれるらしい。

即採用。

Sc1

スポンサードリンク

BackWPupをインストールする

Wordpressの管理画面からBackWPupプラグインをインストールする。普通のプラグインなので、検索してインストールしよう。

Sc2

BackWPupの設定

BackWPupではバックアップの処理単位をJobと呼ぶ。さっそく「Add New」からJobを追加しよう。

設定できる項目が多いので最初は戸惑うかもしれないが、ほとんどはデフォルトのままでいける。

  • Job名
  • スケジューリング
  • 保存先の指定

基本はこの3点を指定すればいい。

Sc3

保存先はいくつか選択できるが、私はDropBoxを使うことにした。せっかくのバックアップなので、自サーバー以外の場所に保存するほうがより安全だと考えたから。パソコンにDropBoxがインストールされているなら、パソコンにも同期されるから、さらに安心。

DropBoxの認証が必要なので「Authenticate!」をクリックする。

Sc4

BackWPupがアクセスすることを許可する。

Sc5

あとは、保存先とファイル数(世代数)を指定する。私はとりあえず、3ファイル残すようにした。

最後に右上の「Save Changes」を押せば設定が保存される。注意してもらいたいのは、「Job Schedule」の「Activate scheduling」にチェックを入れること。ここにチェックが入っていないと、スケジューリングでバックアップしてくれない。

試してみよう

設定がうまくできているか確認するために、バックアップを即時実行してみる。

Job一覧のところで「Run Now」というリンクがあるのでクリックする。すると、すぐにバックアップ処理が始まる。

Sc6

処理が終了したら、DropBoxにファイルができているかどうか確認しておこう。

以上で、BackWPupの設定は終わり。これで、もし何かトラブルが起きても、とりあえず最悪の事態は防げる。

まとめ

いつ何が起こるか分からないので、大切なブログの情報はバックアップしておこう。レンタルサーバーのデータだって消えちゃうことが実際にあるんだから…。

BackWPupならWordPress関連ファイルとデータベースを両方丸ごとバックアップしてくれるから安心だよ。


スポンサードリンク

いつも応援ありがとうございます!

この記事をシェアする